人生の折り返し地点で自分が辛い家庭に育ったんだと気づいた

私は、アダルトチルドレン・・・。

母との確執がきっかけで、

自分は誰よりも幸せな人間なんだと信じて歩んできた人生が、ごまかしの人生だったことに初めて気づいた私。

アダルトチルドレンのことをもっと知りたくて、アダルトチルドレンについて詳しく書いてある本を購入し何度も読み返した。

本のページをめくる度に、私が、アダルトチルドレンだってことが証明されていく・・・。

心の底にしまってた怒りや寂しさがとめどなく沸き上がり、あの頃は昼も夜も泣いてばかりいた。

真実と向き合うこと、自分と向き合うことが、こんなにも辛く苦しいものだったなんて・・・。

でも、この辛さを乗り越えないと私に本当の未来はない。

私は、乗りかかった船にそのまま乗り続ける覚悟を決めた。

こちらの記事もオススメ



他人からは普通に見える私の両親

私は、5人家族の長女として育った。父、母、2人の妹。

末っ子の妹は、私より11歳年下なので、私が小学校5年生までは4人家族だったことになる。

父は、父の兄が経営する工場で専務として働き、

母は、母の父親、つまり私の祖父が経営する会社に私が小学校を卒業するまで働いた。

父は、漁船を所有するほど若い頃から釣り好きで、

平日は夕方から、休日は1日中、海が荒れてない日以外は、今でも毎日釣りに出かける。

母は、趣味や人づきあいは少ないけど、手先が器用で、手芸や裁縫が得意。

2人とも人当たりが良く、真面目に仕事をする親切な性格の持ち主。

ここまでの内容をみる限り、誰もが疑わない”いい人”たち。

しかし、2人とも、私が今まで誰にも話すことのなかったある事情を抱えていた。

こちらの記事もオススメ



酒を飲むと必ず人格が変わる私の父親

父は、何もなければ、マイペースで優しく、面白い父。

何もなければ・・・。

父が豹変するのは、いつも晩酌の時間。お酒を飲んだ時。

普段は釣りでほとんど家にいない父だったけど、天気が悪い日や海が荒れている日は、釣りに行くことができず。

そんな日は、家で夕食を食べ、決まって夕方の早いうちから晩酌をした。

私の父は、アルコールが入ると人格が変わる。饒舌になり大胆になり、必ず子供に絡んでくる。

普段は気にもかけてない学校のことや勉強のことや、

子供なら面倒くさくて話したくないようなことを酒の勢いでしつこく聞いてくる。

子供がきちんとと受け答えをしないと、暴言をはいたり、説教が始まることもあった。

私には、父が酔っぱらって、いつも同じような話を繰り返し話していた記憶しかない。

たまに父と囲む夕食は、いつも居心地が悪く、

食事を早めに済ませて父の座っている食卓から離れるのが私と妹の定番行動だった。

こちらの記事もオススメ



祖父に忠実でありつづけた私の母親

母は、私たちが子供の頃は我慢の人だった。

酔っぱらうと暴言を吐く父に尽くし、文句も言わず、仕事をしながら家事や育児を淡々とこなしていた。

母は、私を21歳の時に産んだ。

今思えば、20代、30代とまだ若い頃に、酔っ払いの父や、小さな子供たちを相手にワンオペでよく頑張っていたと思う。

でも、母が我慢をする対象は、父や子供たちだけではなかった。

母は、母の実父、つまり、私の祖父から、自分の家族ができた後も、多くのことを強要され続けていた。

中でも、私たち家族の心をいつも揺るがすものがあった。それは、

祖父が信仰していた宗教だった。

終戦後、事業を立ち上げた祖父は、何度も失敗を繰り返して多額の借金を抱え、

その辛い時期に出会ったのがとある宗教だったそう。

入信してからたまたま事業が好転したからか、祖父は、ますます宗教にはまっていった。

祖父の真っすぐな性格が災いし、私の祖母や母だけじゃなく、私たち子供まで宗教に巻き込むように。

信者になることで、私たちの幸せが約束されると心から信じていたから。

しかし、もともと宗教という存在を全く信用していない私の父は、母が宗教活動をすることにいつも猛反発。

厳しい祖父に逆らえなかった母は、宗教に反対する父に隠れて、私たち子供を宗教活動に参加させるようになった。

宗教活動に参加する度に、父に嘘をついて出かけなければならなかった私と妹。

酔っぱらって暴言を吐く父は大嫌いだったが、

父に嘘をつく時は、子供ながらに後ろめたさを感じずにはいられなかった。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング