心の奥底に閉じ込めた寂しい感情はやがて怒りとなりマグマと化した

父はアルコール依存症。

母は、いつまでも実父に逆らえない従順な娘。

酔うと暴言を吐く父からタイミング良く逃げる子供たち。

祖父が信仰する宗教活動に母と妹と参加する時は、3人そろって遊びに出かけると父にウソをつき、

家族みんなで食事を囲むはずの食卓は、いつも妹と2人きり。

親子の会話は平日も休日もほぼゼロで、大人も子供も、平等に与えられた1日をバラバラに生きる。

それが、私たち家族の日常だった。

酔っ払った父の暴言をあびて落ちこむ母をなぐさめ、実家に入りびたる母に憤る父の味方をし、両親の機嫌を常に察して家族の安定をはかる。

そんなことを、毎日繰り返してるうちに、長女の私は、子供としての生き方を忘れていった。

私の家庭には、無心に甘えさせてくれる親も、本音をぶつけさせてくれる親も、安全地帯を提供してくれる親も、心から信頼できる親もいなかった。

両親は、いつも自分に夢中。信じてもすぐに裏切られる。

それでも私は、自分の家族が一番幸せなんだと信じて疑うことはなかった。

こちらの記事もオススメ



寂しさを感じないはウソ。本当は、心のどこかに閉じ込めてるだけ

親のアルコール依存、宗教、家族間の秘密、歪んだ愛情。

幼少期に、子供として生きる時間を奪われた子供は心の成長が止まるそう。

個人差はあるけれど、私の心の成長は、小学生の時に止まったんだと思う。

受け流すようになった寂しさの感情は、知らないうちに、心の奥底のフタつきバケツの中にギュウギュウとたまっていき、

いつからか、私に生きづらさという信号を発信するようになった。

もちろん、そんなフタつきバケツの存在など、幼かった私が知るはずもなく・・・。

私がその存在を初めて知ったのは、私が35歳の時。母が、私との約束を破った時。

フタつきバケツに何十年もためこんでいた寂しさの感情がついにマグマと化し、

開かないようにしっかりと固定されてたバケツのフタをポーンと吹っ飛ばして噴火した、30年後のことなのだから。

こちらの記事もオススメ



私の心と身体をむしばんだもの

愛が欠けた家庭生活は、

私が小学生の時にはすでに、私の心だけでなく、身体までむしばむようになっていた。

身体の不調、盗み、いじめ・・・。

私の問題行動が目立つようになったのもこの頃から。

でも、私が母から本気で怒られたのはたった1度だけ。

私の問題行動は、母の心の中で、いつも勝手に消化されて、そのうち忘れられてくようだった。

一家の安定剤に仕立てあげられた長女の私は、父と母が、絶対的に信頼する存在でもあったから、

私が問題行動をおこしても、いつもうやむやにされ、無かったことにされるのがいつものパターンだった。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング