親の問題行動がつけた深い心の傷と共に私はこれからも生きていく

私の家庭では、虐待と断定されるような行動もみられた。

放任主義だった両親からは、最低限の衣食住は与えられていたが、

親に愛情を注いでもらえずに育った私たち姉妹は、ネグレクトされてたのかもしれない。

その上、母からの身体的な虐待と、父からの度重なる身体的・精神的虐待。

父も母も、自分たちが子供を虐待していたなんてこれっぽっちも感じていないと思う。

なぜなら、母はしつけとして、父は冗談として、私たちに虐待をしていたから。

今思い出しても、が涙で熱くなる嫌な思い出。

でも、あの記憶は、これからも私に一生つきまとうんだと思う。

こちらの記事もオススメ



母がしつけと信じていた身体的虐待

私が、母から身体的虐待を受けたのは2度

叱られた時に、お尻をぶたれたことは何度かあったが、

それに関しては、自分が悪かったと自覚しているため虐待とは思っていない。

心に残る母からの2度の虐待。それは、恐怖そのものだった。

1度目は、私が3歳か4歳の頃。

私は、オムツがとれた後も、布団におねしょをすることがあった。

自分が覚えている限り5回ぐらいだったと思う。

私の子供も、小さい頃は何度かおねしょをしたことがあるので、

私には、子供のおねしょは仕方がないと思えるのだが、母はそうではなかった。

初めてできた子がおねしょをする。このまま、おねしょが治らなかったらどうしよう・・・。

当時の母は、まだ20代前半。子育てにも沢山悩んだと思う。

母は思いつめた結果、母の実母、つまり私の祖母と結託して、

私の恥丘に線香を押しあてた。

タバコでいうところの根性焼き。昔は、ショック療法として、とある地方では当たり前に行われていた儀式だったそうだが、

私は、母と祖母が暴れる私を押さえつけた時の力と、線香の熱さと恐怖を、今でもはっきりと覚えている。

こちらの記事もオススメ



2度目の身体的虐待も根性焼きだった

母からの2度目の身体的虐待。

それもまた、線香を使った根性焼きだった。

私は、家庭不安が重なり、小学生になってから問題行動を起こすようになっていた。

その内の一つが盗み。人が持っているものが欲しくなる。欲しいものが我慢できない。

あの頃の私は、物を盗ることにスリルと達成感を求めていた。

人から盗んだ物は今でも全て覚えている。

消しゴム、ハートのバンソウコウ、バービー人形のワイングラス。

でも、1度だけ、母に盗みがバレたことがあった。

小学校何年生の頃だったかは忘れたが、

その頃、よく遊びに行っていた友達の部屋に貯金箱が無造作に置いてあった。

その貯金箱は友達の弟のもので、青い宝箱のような貯金箱は、フタが空いていて中身がいつも丸見え。

入っていたのは500円玉ばかりだった。

私は、友達の家に遊びに行く度に、500円玉を何枚かずつ盗んで帰り、

自分の部屋の机に置いていた黄色いトラの貯金箱に入れた。

貯金箱に、500円玉が10枚ほどたまった頃、

母が、私の部屋を掃除中に、掃除機で貯金箱を引っ掛けて床に落としてしまった。

ジャリーン!!

それで、私の盗みは母に見つかった。

母に問いただされた末に、私は、泣きながら盗みを白状。

母は、すぐに私を連れて友達の家に行き、友達のお母さんに謝ってくれた。

その後少しして、母は私の右手の甲に線香の根性焼きをした。

おねしょの時と同じように、母も、悩み思いつめた後の行動だったのだろう。

その時は、私も自分が悪いことをしたと自覚していたので、騒ぐことなく母の体罰を受け入れた。

私の右手には、今でもあの時の根性焼きの跡が小さく消えずに残っている。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング