親からの歪んだ愛情表現は私の身体に今も残るトラウマを刻んだ

母からの身体的虐待は数えるほどしかなかったが、

父からの身体的・精神的虐待は、私の心に今でも大きなトラウマを残している。

父から繰り返されていた虐待。

それは、からかい、冗談、悪ふざけ。そんな些細なことの積み重ねだった。

あからさまな性的虐待や暴力ではなかったけど、愛情不足で育った私にとって、

父からの歪んだ愛情は、いつも悲しくて悔しいものだった。

こちらの記事もオススメ



父の悪ふざけの中で一番忘れたい思い出

父は、お酒を飲まない時は面白くて優しい人。

父の腕にぶら下がって遊ばせてくれたり、釣りに連れてってくれたり、凧あげ大会の凧を一緒に作ってくれたり。

数は少ないけど、楽しい思い出がなかったわけではない。

でも、父には子供をからかって喜ぶという悪い癖があった。

私の中で、一番最悪な思い出は、女子なのに父から電気あんまをかけられたこと。

2、3回ぐらいだったか、私も私の妹たちも、電気あんまの犠牲になった。

最近知ったことだが、男にとって、電気あんまは遊びのうちの一つとして、昔は誰もが経験したことがあるものらしい。

それを知って、少しは気持ちが楽になったものの、

やはり、私にとっては、女子への電気あんまは性的虐待にしか思えず、自分の記憶から抹消したい最悪な思い出だ。

こちらの記事もオススメ



父の悪ふざけのピークは、私が小学生の時だった

父のからかいは、我が家の日常だった。

ある日、ラーメンを食べに行こうと父に誘われ、父、私、妹と3人で車に乗った。

その時、何か忘れ物をしたので、取りに行くよう父から言われ、私だけ車からおりて家まで引き返した。

忘れ物をもって車まで戻り、車に乗り込もうとした時、なぜか車が発進。

父は、私が車に乗り込もうとすると車をゆっくりと走らせた。

私が走って車に乗り込もうとすると、父が車のスピードをあげた。

その時、運転席の父は笑っていた。

結局、私が怒って、泣きながら家に帰り、

その日は、私だけでなく、父も妹もラーメンにありつけなかった。

他にも、子供が電気のついていない暗い部屋に行く時に、決まって怖い声を出して脅かす。

朝に、口にキスをして起こしてくる(これは本当に嫌だった)。

車を急に止めて、道にお金が落ちてたから拾ってこいとウソをついて子供に取りに行かせる。

父にとっては全て大したことのない悪ふざけ。

しかし、あの頃の私の心の中では、父を大好きな気持ちと、父を憎み恨む気持ちがいつも入り混じっていた。

こちらの記事もオススメ



父の悪ふざけの代償。私の身体に記録されたトラウマ

いつも仕事や釣りで家を空け、家にいる時は酔っ払い。

父の愛情がほしくてたまらないとせがむ子供に、父はいつも悪ふざけでしか応えてくれなかった。

父の悪ふざけは、子供の身体にちょっかいをかけたり、大きな声で脅かしたり、酔っぱらって、いやらしい言葉を言ったりするもので、

子供が求めている父親の愛情とは全くかけ離れたものだった。

いつしか、私の身体は家にいても緊張でこわばるように。

酔っぱらって、嫌なことを言い出すかもしれない父に身構える。

私が部屋で何をしているかを、そっと観察しにくる父の足音を聞くために常に息をひそめる。

その時に記録された身体の緊張はトラウマとなり、私がどんな状態にあってもほぐれることはない。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング