心が落ち着かない|緊張感が張りつめた家庭で過ごした子供時代

父や母からの歪んだ愛情。

いつもは放任主義なのに、たまに過干渉になる両親。

親の機嫌が変わる度に、振り回される小さな私のこころ。

お酒を飲むと怖くなる父におびえ、家庭生活は緊張の連続。

親に愛された経験が圧倒的に不足していた私は、愛し方を知らずに育った。

自分すら愛せない人間に育った。

私は、誰からも愛されてない・・・。

愛が空っぽだった家庭は、やがて、私の自信まで奪っていった。

こちらの記事もオススメ



自信のない自分。小さな心を守るために、私の身体は猫背になった

私は、小学生からずっと猫背だ。

母や祖母から、いつも姿勢の悪さを指摘され、家では姿勢矯正ベルトまでつけさせられてたこともあった。

運動は好きな方で、体力や筋力が足りない子供ではなかったと思うが、

姿勢だけは、大人になっても改善することはなかった。

今思えば、私の姿勢が悪くなった理由は、自分の心を守るためだったんじゃないかと思う。

猫のように丸まって、親の言動や行動から自分の弱い心を守り、

自信がない自分が誰にも見つからないよう、自分をなるべく小さくみせる。

私の心の闇は、小学生の頃にはもう、身体に現れるほど深刻化していたんだろう。

こちらの記事もオススメ



身体の不調は、猫背だけでは終わらなかった

長い間、緊張を強いられてきた私の身体は、

呼吸が浅く巻き肩で、もう30年以上も首、肩、背中のコリに悩まされている。

そしてもう1つ、緊張した家庭環境が私の身体に与えた悪影響があった。

それは、顎関節症。

顎関節症は、歯を強く食いしばるクセがあったり、歯のかみ合わせが深かったり、姿勢が悪かったりなど、

顎にかかる過度な負担が原因でなりやすいといわれてる病気。

私は、小学生の頃から歯を食いしばるクセがあった。

歯を食いしばるのは、決まって身体が緊張している時。両親と一緒に過ごしている時だった。

こちらの記事もオススメ

長年、蓄積された顎の疲労は、私が19歳の時にピークに達した。

顎がカクカク鳴る、口が開かなくなる、顎がひどく痛み、食事ができなくなるといった顎関節症の症状に15年も悩まされ続けた。

歯科矯正で深かった歯のかみ合わせを浅くし、顎のストレッチをしたおかげで、症状はずいぶんと改善したが、

一度ずれた顎関節のクッションは、二度と元に戻らないそう。

姿勢の悪さや、歯のくいしばりの原因。

その原因がもう少し早くわかってたら、自分が感じる生きづらさの軽減に役立ったかもしれないと思いつつ、

今では、良い姿勢や歯をくいしばらない状態を意識しながら毎日生活している。

こちらの記事もオススメ





人気ブログランキング