親からの見えない期待|私の辛い気持ちが向かった先とは?

酔った父とケンカすると、母は、車の中でこっそり泣いていた。

母は、時々疲れがたまって寝込むことがあった。

妹が高校生になりグレた時は、心労で、母の頭頂部から、髪の毛が沢山抜けおちたこともあった。

そんな母の姿をいつも目にしてたせいか、母は、弱い存在。私が守らないと壊れてしまう。

長女の私は、そう感じるようになっていた。

だからこそ、私は、母にとってずっといい子であり続けなければならなかった。

大好きな母を悲しませることは、絶対にできなかったから。

こちらの記事もオススメ



持て余した私の寂しさと怒り。その矛先は妹へと向かった

父も母も、私が2人に求める愛情はこれっぽっちもくれないのに、

子供の私は、親に愛情を与え続けないといけない。

子供の心は、親の心を守り続けないといけない。

なぜなら、父と母は、心が弱い人間だから。私がいないとダメだから・・・。

親子間の矛盾した愛の形は、やがて大きなひずみとなり、

自分でも理由のわからない怒りが、家庭で一番弱い立場の人間に向けられるようになった。

それは、3歳下の妹だった。妹がいるせいで母を独り占めできない。母の愛を独り占めできない。

妹が憎い・・・。

私の寂しい感情は、見えない暴力となり、妹の心を傷つけるようになった。

こちらの記事もオススメ



家庭で独裁者と化した私が妹に与えた恐怖

両親の親代わりだった優等生の私は、いつしか、家庭内で絶対的な存在となっていた。

なので、私が、妹へどんなに理不尽なことをしても、ケンカになることは一度もなく、

私が親から咎められることもなかった。

私は、それをいいことに、私が高校を卒業して家を出るまで、自分のモヤモヤする感情をずっと妹にぶつけ続けた。

私は、今でも自分が妹にした仕打ちをすべて覚えている。

なぜなら、妹にひどいことをする度に心が痛んだから。妹が悲しい思いをしてることを知ってたから。

本当は、妹が好きだったから。

でも、私はあの家にいる限り、あの家族の一員でいる限り、優しい姉になどなれなかった。

私にまっすぐな愛情をくれる人も、本気で叱ってくれる人も、あの家にはいなかったから。

こちらの記事もオススメ



今も残る妹への後悔と、繰り返される悲劇

私は、今でも後悔している。

あの機能不全家族から、姉として妹を守れなかったことを。

あの時、3歳下の妹は家庭内で一番の犠牲者だった。

愛に確信がもてないという不安。姉からの理不尽な仕打ち。

それでも、私がひどいことをした後でさえ、妹は、いつも優しく私に話しかけてくれた。

でも、そんな出来事の繰り返しが、小さかった妹の心にダメージを与えないわけがなかった。

私たち家族が踏みにじり続けた妹の心はボロボロになり、妹が高校生を過ぎた頃から、妹の心や身体に異変を起こし始めた。

その異変は凶器と変わり、やがて末っ子で3女の妹に絶望をもたらすのだった。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング