ちょっとしたことで傷つく心を守るために私は外面がいい人になった

「姉ちゃんって、外面がいいよね。」

大人になって、私が3歳下の妹に言われた言葉だ。

妹にそう言われて、「一番外面がいいのはおめぇだろ・・・」と、私は心の中で思った。

3歳下の妹は、大げさなほど最高の笑顔と優しい言葉で他人に接する。

でも、家の中では、大きな声で我が子をどなったり、

わざわざ電話をしてまで末っ子の妹をいびったり、感情をむき出しにする暴君と化す。

私と3歳下の妹には、似たような二面性がある。

外では、他人の顔色をうかがいながら、親切で優しくて明るい自分を演じ、

家では、自分の感情をさらけ出して家族に当たり散らす。

こうした行動は、一見すると大人の社交辞令に思われるかもしれないが、

私たちの外づらは、決して他人を敬うものではなく、自分の心を守るためのでしかないのだ。

こちらの記事もオススメ



外づらがいい人は、なぜ家庭内で暴れるのか?

外で無理して押さえつけてる自分の本音や感情は、

不満となって、心の中で風船のようにふくらむが、自然に消化されて無くなることはない。

運動や趣味とかで上手にガス抜きをしない限り、

身体が動かなくなってウツになったり、人やモノに八つ当たりしたり、ため込んだ不満は必ずどこかで爆発する。

なぜなら、私たちはアダルトチルドレンだから。

外ではいくら大人な自分を演じても、心は子どものまま。たまった不満を、どこかにぶつけずにはいられない。

外から隔離された家庭の中は、本当の自分が解放できる唯一の場所。

だからこそ、弱い物=自分の親代わりになる対象に、ダダをこねずには生きていけないのだ。

私も、3歳下の妹も、その典型的な例なんだと思う。

こちらの記事もオススメ



私の二面性は、思春期を経て完成した

私は、小学校3、4年生までは天真爛漫な子供だった。

家では、大人の顔色を伺う子供ではあったものの、外では、他人の顔色など気にせず毎日楽しく暮らしていた。

それが、小学校5年生になり、中学生、高校生の思春期を迎えてから、

急に自分に自信がなくなり、人の目を気にするように。

機能不全な家庭での暮らしが元凶だったことに間違いはないが、他にも色々なきっかけがあったんだと思う。

友達からの傷つく言葉やちょっとした仲間はずれ、成長による身体や心の変化、

自分の心は子どものままなのに、周りの友達はどんどん大人になっていく寂しさ。

見えない不安に押しつぶされないように、私は、どんどん心の内側に引きこもるようになり、

高校生の時には、外では寡黙で大人しく、家では家族とほとんど会話をしない根暗な日々を過ごしていた。

こちらの記事もオススメ



自信を失った私は、本当の自分を隠すために二面性を身につけた

私は、高校生になった頃から急速に自信を失っていった。

勉強についていけず、入学時に選抜クラスだった私は、2年生には普通クラスに脱落。

得意だったのは英語と美術と現代社会だけ。

残りの教科は、ほとんど落第に近い点で、担任が劣等生の私にだけ向けるあきれた顔を今でも覚えている。

ニキビ顔、歯茎が見える口元、膨らまない胸。自分の容姿も大嫌いだった。

元々、機能不全家族で育った愛情不足の私。

親に自信をもらえなかった上に、勉強や容姿で自信を無くした心は、

高校生の頃には自分でも救いようがないくらいダメージを受けていた。

ガラスのようなもろい心を守るために、家では時々ブチ切れ、外ではいい人を演じて争いを避け、心が傷つくのを避けるように生きていた。

心が壊れたら、私は生きてけない・・・。

時々襲ってくる「死にたい・・・」という心からの叫び。

私には、二面性を身につけることでしか生きる道はなかったんだと思う。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング