辛かったあの頃|思春期に私を悩ませた身体の異変と原因

機能不全家族で育ったことで、自信を無くし、

他人の言葉や態度で心が傷つかないように、周りの空気を読んで生きてきた私。

息をひそめて、自分はここにいませんとばかりに、目立たないように身を隠すように生きてきた私。

でも、それは全く自分らしくない生き方で、自分の本音を押し殺した生き方だったから、

私の抑え込んだ感情は、たまに家でドカンと噴火し、

親や、妹や、ふすまや、テレビに、八つ当たりを繰り返すのだった。

こちらの記事もオススメ



私を襲った最初の異変。原因不明の片頭痛とは?

抑え込んでた感情は、家族や家財に当たるだけにおさまらず、自分の身体の中でも暴れ出した。

最初の異変は、私が小学校5、6年生の頃。

教室にいる時に、急に激しい片頭痛がして、その場に立っていられなくなった。

耳鳴り、急な吐き気・・・。

気味が悪かったのは、頭痛と同時に右目が見えなくなったことだった。

その日は、すぐに早退して家で休んだが、同じような片頭痛が、中学校の時と高校生の時にも、1、2回ずつ起こった。

高校生の時に総合病院で脳の検査までしてもらったものの原因は不明。

今から25年ほど前はインターネットも普及前だったので、

病名を調べることすらできず不安を感じたことを今でも覚えている。

こちらの記事もオススメ



私の異変の原因は、血管性片頭痛だった

私の異常な片頭痛の原因は、血管性片頭痛という病気だった。

テレビで、ハンドボールの宮崎大輔選手のインタビューを拝見した時に初めて知った病名で、

片目が見えなくなるという症状が私と同じだ!!とピンときた。

私の場合、血管性片頭痛を患ったのは思春期の時、しかも4、5回と少ない回数で、治療を必要とするまで重症化はしなかったが、

今思えば、いつも我慢を強いられていた心や身体が、定期的に悲鳴をあげていたんだと思えてならない。

こちらの記事もオススメ



もう一つの恐怖。30代まで悩まされた身体の異変とは?

私を長年悩ませたもう一つの身体の異変。それは、過敏性腸症候群

私がこの症状を自覚し始めたのは中学校2、3年生。

まさに思春期のど真ん中。心も身体も不安定な時期だった。

お腹にガスが溜まり、それが腸内で逆流して大きな音が鳴る。

お腹が空いた時の音とは明らかに違って、グーーー、ゴーーーと、すごい音が鳴る。

静かな授業中とか、テスト中とかもう最悪

中学生の時は、小学生から馴染みの友達がほとんどだったので、そこまで気にすることはなかったが、

高校に行くと事態が一変した。

今日もお腹がなるかも・・・恐怖でしかなかった中高生活

私の場合、

体内時計通りに排便ができないことと、静かな教室で缶詰にされる息苦しさと緊張感が原因で、

過敏性腸症候群を引き起こしていた。

排便がしたい時に排便を我慢すると、便が出にくくなる。

私が中高生の時は、学校にちょうど登校する8時15分頃が、排便をもよおす時間だったが、

その時間に学校のトイレに駆け込むと、

もう誰かいる・・・。

排便と一緒におならが出たらどうしよう。おならの音を聞かれたらどうしよう。

トイレでの緊張感が、いつも排便を阻止していた。

我慢した排便は、悪玉菌を生み出し、お腹は便とガスでいつもパンパン。

授業中は、逆流するガスを鳴らさないよう、そっちばかりに集中していたため、

授業の内容なんて全く耳に入らず、勉強どころではなかった。

おまけに、一日中便やガスを我慢し、緊張感で酸欠になり、夕方になると毎日片頭痛を抱えるように。

今思い出しても、本当に地獄だった。


過敏性腸症候群を知っていれば、対処ができたかもしれない

私が高校生の時は、インターネットが普及していなかったので、過敏性腸症候群という病名を知ることさえできなかった。

誰にも相談できず、苦しんだ日々。

社会人になって、症状が少しはマシになったものの、

会社で、心が開けない人と隣の席になったり、ミーティングで会議室に閉じ込められたりすると、決まって過敏性腸症候群の症状が出た。

過敏性腸症候群の症状がやっとおさまってきたのは、30代後半になり、自分らしさを取り戻し始めた頃から。

仕事中でも、プライベートでも、別に言い間違えたっていい、バカだと思われたっていい、

空気を読まなくたっていい、腸から大きな音が鳴ったっていい、

自分らしくあればいい・・・。

そう思えるようになってから、過敏性腸症候群に悩まされることはほとんど無くなった。

こんな風に思えるようになったのは、自分がアダルトチルドレンだと自覚したことが大きかったと思うが、

大人になって、神経が鈍感になってきたせいなのかもしれない。

それでも、私が苦しんでいた中高時代に、過敏性腸症候群の症状や原因を知ることができていたら、

もっと楽しい学生生活を送れていたかも・・・と思うと、ちょっと残念な気持ちになる。

こちらの記事もオススメ





人気ブログランキング