機能不全家族で育った3姉妹~長女・次女の場合~

普通の愛情ある家族に生まれてたら、

大人になってから、私たち姉妹の仲がこんなにこじれることはなかったと思う。

私たち姉妹は、姉の私、3歳下の妹、11歳下の妹の3人。

3歳下の妹は、私が物心ついた時から一緒で、11歳下の妹は、私が小学校5年生の時に生まれた。

私の心のゆらぎは、小学校5年生の頃から始まったから、

家庭や学校で感じていた生きづらさに加えて、新しい家族ができたことも少なからず影響したのかもしれない。

小さな寂しさの感情は、3姉妹それぞれの心の奥でどんどん膨らみ、

やがて、私たち姉妹の仲を破壊してしまうまで増大するのだった。

こちらの記事もオススメ



機能不全家族~長女の場合~

私は、思春期に入ってから、ますます自分の心に閉じこもるようになり、

ため込んでた寂しさの感情が心の中で腐敗して、たまに怒りとして爆発することがあった。

その怒りをぶつける対象。それは、家族で一番弱い立場の3歳下の妹だった。

身体的な暴力をふるうことはなかったが、言葉の暴力や無視で、妹の心を沢山傷つけた。

もともと、機能不全家族で育った愛情不足の私たち。

自信がすり減ってる上に、追い打ちをかける姉から妹への言葉。

容姿をからかったり、笑ったり、自分はスゴイと自慢したり。

私は、とんでもなく弱い自分を強く見せ、自分の長女としての力を誇示したかったのだ。

私は、大人になってからも、たまに会う度に次女や三女に同じことを繰り返した。

その言葉や言動が、妹たちをどん底に突き落としているとも知らずに。

こちらの記事もオススメ



機能不全家族~次女の場合~

次女は、長女の私と過ごした時間が長い分、私とは異なる種類の傷を心に負ったと思う。

母の強いすすめで推薦入学をした高校で妹は勉強についていけず、

悪い友達グループに入ってグレはじめた。

しかし、心が純粋で、悪くなりきれなかった妹は、入学して数か月後には、悪い友達グループからも高校からも離脱し、

その後は、母に振り回されながらも、自分の道を見つけていった。

そこまではよかった。

しかし、機能不全家族のトラウマ、高校のトラウマ、職場でのトラウマ・・・。

トラウマが積み重なった心のまま、仕事の激務で酷使した妹の身体はついに壊れた。

原因不明の腹痛、円形脱毛症、バセドウ病。今でも心がゆらぐと、円形脱毛症が再発。

妹は、結婚し、その後離婚

機能不全家族から愛情をもらえなかった妹が、心から人を愛せるはずがない。

だって、誰も愛し方を教えてくれなかったから。

妹には、世間体をすごく気にするところがあり、人と同じ幸せをつかまないと負けという気持ちを異常なほど強くもっている。

だから、経済的に安定した公務員を選んで結婚した。だから、子供を生んだ。

そこには、愛も幸せもないのに・・・。

そんな、形だけの夫婦関係がうまくいくはずもなく、妹の結婚生活は10年足らずで終わりを告げた。

こちらの記事もオススメ

私たちが機能不全家族に育ったことを自覚した私は、

妹に生きづらさを捨てて純粋な幸せを手にしてほしくて、大人になってから一度だけ、自分の本心を妹にぶつけた。

妹が離婚する半年ほど前のことだったと思う。

それから、妹は、私から離を置くようになった。

機能不全家族は、世代に受け継がれて連鎖する。

妹の子供たちが、私たちと同じような生き方にならないことを心から願うばかりだ。

こちらの記事もオススメ





人気ブログランキング