機能不全家族で育った3姉妹~三女の場合~

機能不全家族で育った私たち3姉妹。

1人1人に、アダルトチルドレンの症状がある。

私は、自分がアダルトチルドレンだと自覚してから、

アダルトチルドレン関連の本を読むことでかなり生きづらさが改善できた。

私は、妹たちにも自分たちの境遇を理解してもらい、生きづらさを克服して幸せになってほしくて、

数年前に、アダルトチルドレンについて妹たちに伝えた。

妹たちの反応は2つに分かれた。

私より3歳下の次女は、自分や自分の辛い過去と向き合うことを完全に拒否し、私と距離をおくように。

私より11歳下の三女は、心が強いと思っていた長女の私も色々と苦労をしてたのかと、私に同情してくれた。

こちらの記事もオススメ



長女がいなくなった家で起こっていたこと

私が高校を卒業して、短大に入学するために家を出てから、

我が家の様子は少しづつ変化していったんだと思う。

家の中は、私を除いた4人家族。

詳しくは知らないけど、長女が欠けた家では、次女が三女を追い詰める構図ができあがっていったらしい。

私が、次女にそうしていたように。

私が中学生になったころ、母の実父が会社をたたんだから、

そこで働いてた母は、民間企業でパートとして働いた後、家の近くの学校で給食のおばさんとして働き始めた。

朝食、昼食、夕食。

シフト勤務だったので、早番の日は朝早くから、遅番の日は夕方遅くまで働き、

父や妹たちと、ろくに話をする時間すらなかったと思う。

父は仕事と釣り、母は朝から晩まで仕事、次女は高校を中退して日中は仕事、夜は夜間高校。

なのに、三女だけは、まだ幼い小学生だった。

足りない愛情。次女である姉からの人格否定。誰もいない空っぽの家。

私は、三女が今も元気で生きていてくれていて、ほんとうによかったと思う。

こちらの記事もオススメ



機能不全家族~三女の場合~

三女は、姉である次女に徹底的に人格を否定され、徐々に壊れていった。

三女の自信は地に落ちて、他人の目を異様に気にするようになり、

怖いことやショックなことがあると、過呼吸を引き起こすように。

高校生の頃には、私と同じ腸過敏性症候群にかかり、私と同じ顎関節症にもかかった。

同じ家族で育った姉妹なので、私と三女は気質や体質が似ているのかもしれない。

三女は、親のすすめで無理やり無名の大学に推薦入学したものの、勉強に全くついていけず中退。

三女が完全に崩壊したのは、大学に通うために、家を出て独り暮らしを始めたころからだった。

濃いメイクをし、キャバクラでバイトし、腰には大きなタトゥー。同じころ、自傷行為も繰り返していたそう。

「私の生きる意味って何?」

親や、私たち姉が、妹をこんな気持ちにさせてしまった。

今でも、申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

三女は、その後なんとか立ち直り、今では、結婚をして一人娘の子育てに奮闘している。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング