ストレスに押しつぶされそうだった思春期|私はこうして乗り切った

学校なんて全然行きたくない。勉強なんて全然興味ない。

しんどい・・・。

中学生の時に過敏性腸症候群を発症した私は、

静かな教室で授業を受け続けるのが本当に辛くて、中学、高校生活は地獄だった。

周りのみんなは、あんなに楽しそうにしてるのに・・・。

思春期を迎えた私の居場所は、我が家の2階の奥の部屋だけ。

私が、心からリラックスできたのは、あの部屋だけだった。

たまに、父親が、抜き足差し足で、私の様子をそっと覗きにくるとき以外は。

こちらの記事もオススメ



ずっと好きだった、絵を描くということ

私は、小学生のころから絵を描くのが大好きだった。

愛読書は「りぼん」という月間少女漫画雑誌で、自由帳に自作の漫画を描いて、友達に見せてたほど。

私が育ったころの島根県の地元は、マックもコンビニもない辺境だったけど、

漫画の画材やスクリーントーンを売っているお店が奇跡的にあり、

お小遣いで画材を調達して、中学生の頃には本格的に漫画を描き始めた。

最初は、恋愛ものの少女漫画を描いて、りぼんの漫画賞に何度か応募したこともあったが、

高校生の頃になると、いつしか路線変更をしていた。

こちらの記事もオススメ



小学生の頃からホラー好きだった私

私は、小学生の頃から、ホラーやミステリーやオカルトが大好きな子供だった。

理由は自分でもよくわからないけど、平凡で暗い毎日に、子供ながら刺激を求めてたのかもしれない。

ミステリー小説や怖い話の本を読んだり、ホラー映画を見たりする時が至福の時だった。

愛読書は、りぼんから、サスペンス&ホラーに変わった(サスホラ、廃刊になって悲しい・・・)。

なので、少女漫画を描いてた私が、ホラー漫画に路線変更したとしてもなんら不思議なことではなかった。

こちらの記事もオススメ



辛い思春期を乗り越えられたのは漫画のおかげ

休みの日は部屋に引きこもり、一日中パジャマのまま、朝から晩までホラー漫画を描く娘。

父も母も、心配だったに違いない。

しかし、自分からほとんど話をせず、急にキレる長女になすすべもなく、

私が何をしてるのか気がかりで、たまに父が、私の部屋にこっそりと偵察に来ることを除いては、

親の心配は、宙に浮いたまま放置された。

結局、私が漫画家になることはなかったが、

集中して漫画を描いてる時だけは日常生活の嫌なことを全て忘れることができた。

私の心は、ホラー漫画を描くことで解放されていたのだと思う。

高校3年生になり、受験の波にもまれるようになってから、漫画を描くことから徐々に離れていってしまったが、

今でも漫画に没頭していたあの頃の時間は私にとって大切な宝物に変わりはない。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング