青春時代の空想癖|私はただ誰かに必要とされていたかった

自分に自信がもてない私が、青春時代にまともな恋愛ができるはずがなかった。

でも、一方的な恋は沢山してた。毎日に刺激がほしかったから。

平凡で、退屈で、地獄の日々。

漫画を描くこと以外に、誰かに恋することが、私の生きる希望でもあった。

行きたくもない学校に通ってた目的は、勉強のためでも、友達のためでもなく、好きな人に会いに行くため。

ドキドキする非日常的な刺激を求めて。

でも、私の恋の仕方は、普通に恋愛できる人にくらべるとちょっと変わってた。

こちらの記事もオススメ



両想いになりそうになると、すぐに気持ちが冷めた

中学、高校と、好きになった人は数知れず。

今なら、話をしたこともない人を好きになるなんて考えられないが、

その時の私は、相手の外見とか、しぐさとかにすぐに惹かれていた。

ようするに、自分の心の中に恋のドキドキ感が生まれれば、相手は誰でもよかったんだと思う。

私が人を好きになると、その人を遠くから見つめまくるので、相手は、私が自分を好きなのかな?と思い、私を気にするように。

でも、相手が私を気にするようになると、私の気持ちはすぐに冷めた。

だって、私には、誰かとつき合う勇気なんてなかったし、その人を心から好きになる自信もなかったから。

こちらの記事もオススメ



愛せないけど愛してほしい

私が、男子とつき合えなかった理由は他にもあった。

私は、高校を卒業したら地元を離れるつもりだった。

だから、中高時代に恋愛をしたところで、必ず別れがくるって思ったのだ。

私は、中高生にはもう、現実的で、冷めた人間だったんだな。

でも、恋愛はしてたい。

それは、心のドキドキが欲しいだけじゃなく、私を好きでいてくれる、私を愛していてくれる。

親にまっすぐな愛情をもらえなかった私は、自分を愛してくれる「誰か」を求めていたんだと思う。

こちらの記事もオススメ



中学生のころから始まった空想が私の青春だった

いつからか、私は空想にはまるようになった。

本物の恋愛ができなかったから、好きな人ができる度に、その人が私を無条件に愛してくれる。

そんな空想にふけってばかりいた。

愛情不足でぽっかり空いた心の穴を、自分なりに埋めようとしてたのかも。

高校時代は、学校がしんどかった分、勉強もせず空想の世界に逃げこんだ。

私の空想癖は、短大生になっても、社会人になっても続いた。

かれこれ20年続いた私の空想癖だったが、

結婚して、子供ができて、自分の家族から無条件に愛されてると実感できるようになってから、私の空想癖は自然と消えていった。

漫画と空想で終わった私の青春時代。

できることなら、あの頃の私に「何も考えずに、とりあえずつき合え!!」と言いたい。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング