家庭に秘密があると誰も信じられない子供ができあがる

私は、他人を簡単に信じることができない。

他人はもちろん、仕事仲間や友達、家族までも信じられずに疑ってしまうことがある。

その原因は、私が育った家庭環境にあった。

日常的に秘密が存在した私の家庭。

やっかいなことは隠してしまえばいい、そのためならウソさえついてもいい。

その教えの首謀者は、私の母方の祖母で、ウソをつく対象は、私の父や、母方の祖父だった。

母や祖母は、自分たちに都合が悪いことを隠すため、私や妹たちをウソの共犯にした。

家庭の平和を守るためについた沢山のウソが、子供たちの心を脅かすとも知らずに。

こちらの記事もオススメ



私の家庭で頻発したウソの嵐

私の家庭で頻発した秘密は、大きく分けて2種類。

1つは宗教活動を隠すための秘密。もう1つは、都合の悪いことを隠すための秘密。

母も私たち子供も、祖父母が信仰していた宗教に信者として登録されていたから、

定期的に行われる宗教のイベントによく参加させられた。

信者がそろって観光バスにのり、遠出をすることもあった。

イベントに参加する日は、母は父に、別の用事で出かけると決まってウソをついた。

宗教イベントに参加するなんて父に伝えたら、父が怒り狂うから。

「今日は父の機嫌がいいから、明日、宗教イベントに参加してくるって伝えてみたら?」

過去に一度だけ、私から母にそう言ったことがあった。

母もその気になり、翌日の宗教イベントのことを父に伝えたとたん、

「お前らみんな、バスが事故って死んでしまえ。」

と父から暴言を浴びせられた。

そして、もう1種類の秘密。物事を、自分の思い通りにすすめるために、

祖母が祖父にウソをつく。母が父にウソをつく。母が子供にウソをつく。

これは、どこの家庭でもよくある秘密かもしれない。

昔は、家庭に波風を立てないための主婦の知恵だったのかもしれないが、

父や祖父にウソをつく度に、私の心はいつもチクリと痛んだ。

こちらの記事もオススメ



人を信用できないことは、辛くて苦しいこと

子供のころからウソが横行した家庭。

私は、物が無くなると、妹が盗んだと疑い、

母と妹がコソコソ話をしていると、私の悪口を言ってるんじゃないかと疑う人間になった。

人と人とのコミュニケーションは、信頼関係があってこそ成り立つものなのに、

私は、自分以外の他人を信用するという根本的な心が子供のころにかけてしまったんだと思う。

他人との距離が一向に縮まらない・・・。

家族すら信じられない人間が、他人を信じられるはずがない。

他人を心から信用できないことも、私の生きづらさの原因につながっているんだと思う。

こちらの記事もオススメ



家族間に秘密が多い家庭は、いつか滅びる

家族に秘密が多くなった原因。

それは、家族間の対話が圧倒的に足りなかったから。

祖父と祖母、祖父と母、父と母。父母と子供。

傷つくことを恐れずに、自分たちの本音をちゃんとぶつけ合ってさえいれば、

家庭に秘密が横行することはなかったし、家族の愛情を深めることもできたのではないか。

私の3歳下の妹は、幼少期からの秘密を作るクセを引きずり、

夫に小さな秘密を重ねるうちに、お互いを理解し合えないまま、結局離婚してしまった。

私も、家族に小さなウソをつく習慣が染みついていたから、

実家の宗教のことや自分にとって都合が悪いことを隠すために、夫にウソをついたことが何度かあった。

しかし、家族間の秘密が、家庭を壊すこともあるのだと気づいてからは隠しごとをしないように気をつけている。

せっかく手に入れた、自分の愛情ある家庭を守るために。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング