自分を受け入れられない!私が外見コンプレックス女になったワケ

私は、ずっと、コンプレックスを抱えて生きてきた。

外見だけでなく、自分の存在すべてがコンプレックス・・・。

結婚し、子供ができて、自分が無条件に愛されてると実感できるようになってから、

私のコンプレックスはちょっとはマシになったけど、

これから歳をとって、自分も老いていくんだと思うと、気持ちが憂鬱になる。

私が、コンプレックスを抱えるようになったきっかけ。それは、家族からの心ない言葉だった。

こちらの記事もオススメ



人の外見をバカにして笑う父

父には、家族をからかって遊ぶ悪いクセがあった。

そのふざけた遊びが、母や子供たちの心をどれだけ傷つけたことか。

私は、父から直接外見についてからかわれた記憶はありませんが、

父は、いつも母や妹の外見をバカにし、嫌がる2人を見て笑いました。

「ぺちゃパイ」「尻タレ」「短足」「ブタ鼻」

今考えると、たとえ家族でもひどい話だ。

父と一緒になって笑っていた私だったけど、「ぺちゃパイ」は私に遺伝。

自分が母や妹の容姿をバカにしていたせいで、自分も小さい胸のことで誰かにバカにされてるに違いないと妄想を抱くように。

胸へのコンプレックスは、結婚した今でもしつこく残っている。

こちらの記事もオススメ



母のちょっとした言葉が、子供の心に突き刺さる

いつだったか、母が運転する車の助手席に乗った時、

「口が臭い。歯磨きした?」と母に聞かれたことがあった。

私は、歯磨きをしていたが、母の何気ない一言にすごく傷ついた。

車内という密閉した空間で、朝は口臭がきつくなる時間帯だから、私の口が臭ったのはどうしようもない事だったのかもしれない。

しかし、普段から愛情不足な上に、「口が臭い」という言葉を言い放たれた私は、母から自分を全否定された気がした。

あれから、私は自分の口臭を気にするようになり、

今でも、密閉した空間にいたり、人に顔を近づけて話すときは、息を殺したり、小さい声で話したりして、

口から空気が沢山でないようにと慎重になってしまう。

いつも通ってる美容院のママさんから聞いた話だが、

ママさんの娘がまだ学生の頃、部活から返ってきた娘にママさんが「汗臭い」と何気なく言ったそう。

その子供は、ママさんに「汗臭い」と言われてから、

アラサーになった今でも、未だに1日数回シャワーを浴びないと気が済まないとのこと。

母の何気ない一言が、子供の心を簡単に傷つけてしまう。しかも、長い時間をかけて。

2児の母の私は、少し怖くなった。

こちらの記事もオススメ



自分への劣等感がもたらした、私の非常識な考え

親からの「胸がない」「口が臭い」という心ない言葉。

父方の親戚からは、「歯ぐきを見せて笑うな」「ニキビがひどい」と言われたこともあった。

今思えば、父方の家系は、人をバカにして笑う人種だったのかもしれないけど、

私は、その言葉が今でも忘れられず、全てが自分のコンプレックスとして未消化のまま心に残っている。

小さな胸のせいで、胸をはって堂々と歩けない。

ガミースマイルのせいで、大きな口を思い切り開けて人前で笑ったことは、あれから一度もない。

口臭が気になって、ボソボソと話しをしてしまう。

思春期に、「外見が悪いと、人間としての資格がない」ぐらいにまで追い詰められ、

そう思い込むようになった私は、他人の外見に対しても非常識なほど厳しくなった。

外見がパッとしない人に彼氏や彼女がいることが信じられなかったし、普通の恋愛をしてることが信じられなかった。

私は、自分に自信がなくて、恋愛どころじゃないのに・・・。

最近は、人間はみんな平等。私は特別でも何でもない。みんなと同じ、ただの人。

と、考えを改めて、どんな外見の人を見ても何とも思わなくなったが、

昔の自分は、他人の外見に対してかなり歪んだ考えをもっていたと反省している。

自分の母や妹たちの外見はバカにしてしまったが、

自分の子供には、外見や臭いとかの悪口は絶対に言わないし言わせない。そう決めている。

こちらの記事もオススメ





人気ブログランキング