素直になれなかった子供の私|素直になりたくてもなれない大人の私

私は、三姉妹の長女として生まれた。

昭和53年。古き良き時代。

でも、あの時代は、昔からの悪しき習慣が未だ根付いてる時代でもあった。

家庭内で、長男、長女は特別な存在。私は、2人の妹たちに比べて、両親に甘やかされて育った。

甘やかされたといっても、決して沢山の愛情を注いでもらったわけじゃない。

父や母から叱られることが極端に少なかっただけ。

親からしてみれば、長女の私に絶対的な信頼をよせていたのかもしれないし、長女の私に遠慮をしてたのかもしれないが、

自分たちの間違った子育てが、娘たちをずっと苦しめることになるとは思ってもみなかったと思う。

こちらの記事もオススメ



私を叱らない母と、いい気になって威張る私

私が妹に辛く当たっても、母は少し悲しそうな表情をするだけで、

私が妹にした悪行はいつもうやむやにされた。

あの時、母が、私から妹へ無理やりでも「ごめんなさい」と言わせていたら、

自分が悪いことをしたら謝るんだと厳しく叱ってくれていたら、

私は、もっと素直に生きてこれたんじゃないかと思う。

でも、そうじゃなかった。

私は、親に叱られないのをいいことに、家の中で威張るように。

そして、妹は、私に謝罪をしてもらえないまま、私のもやもやする気持ちをぶつける対象者となっていった。

こちらの記事もオススメ



ごめんなさいが言えない私

自分が悪いことをした時でさえ親に叱ってもらえなかった私は、プライドだけが高い人間になった。

自分が悪いとわかってるのに、相手に素直にあやまれない。

自分は悪くない。あやまったら負け。あやまってたまるか。

自分に自信がもてなくて、内心はいつもオドオドして怯えて生きてるくせに、

そんな弱い心を守るために、プライドという名のよろいだけがとてつもなく頑丈になってしまった。

一度、身につけてしまったプライドのよろいは、大人になった今でもぬぐのがすごく大変で、

私は、いまだに両親や妹たちには素直に謝ることができない。

こちらの記事もオススメ



素直になることは、生きづらさから抜け出すための大きな一歩

今まで、沢山の人の心を傷つけてきた私。

自分が悪くても謝りもせず、見捨ててきた私。そんな自分を強引に許してきた私。

それは、私が未熟だったから。

私が、大人になっても、心が子供のままのアダルトチルドレンだったから。

本を読んだり、人と話したりして考えるうちに、

やはり自分に素直に生きることが生きづらさを克服する近道なのかな・・・と感じるように。

自分がしたことが恥ずかしい。相手を傷つけてしまったことが恥ずかしい。謝ることが恥ずかしい。

生きてることが恥ずかしい。

沢山の生き恥をさらしても、素直に一言ごめんなさいと謝ることができるようになれば、

生きづらさを感じなくなるのではないかという気がしている。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング