他人に依存していると安心する|でもそこからは何も生まれない

子供のころ、母から十分な愛情をもらえなかった私。

私の心は、母の愛情を求めて、いつまでたっても母にしがみついていた。

いくら母に突き放されても、母に私だけを見ていてほしかったから。

だから私は、母が喜びそうなことは何でもした。

家事の手伝い、肩もみ、プレゼント。

大嫌いな勉強も頑張って、偏差値の高い短大や大学を卒業し、有名な会社に就職もした。

ストレスで、心と身体がボロボロになりながらも、私は母に誇ってもらえる娘になりたかった。

私を産んでよかったと、母に思ってもらえる娘になりたかった。

全ては、自分のためじゃなく母のため。

私は、異常なほど母からのホメ言葉を欲していたのだ。

こちらの記事もオススメ



私にだけ向けられる母の笑顔が、母の愛情を確かめられる唯一の手段だった

母は、仕事、家事、育児で忙しく、私1人の欲求を十分に満たせるほど時間も余裕もなかった。

私より11歳下の妹が生まれてからは、

私が病気になっても、母が、以前のように、私の背中をさすってくれたり、トイレに付き添ってくれたりすることも無くなった。

母は、私のことを、自立心がある、しっかり者の長女と頼りにしてたのかもしれないが、

あの頃の私は、母は、私のことなんてどうでもいいんだ・・・と、言いようの無い寂しさを感じてばかりいた。

だからこそ、母が私をホメてくれる時の嬉しそうな笑顔がすごく嬉しかった。

私にだけ向けられる母の笑顔は、母から私への愛情を確かめられる唯一の手段だったから。

こちらの記事もオススメ



何かを与え、与えられて成立する愛情は「依存」

母の笑顔。それは、形あるもの。目に見えるもの。

私にとって愛情とは、そういうものだった。

私は、母から沢山の笑顔をもらうために、母へ沢山の物をあげた。

今思えば、子供が母親に依存する典型的なアダルトチルドレンの症状だと思う。

私の歪んだ愛情表現と愛情確認は、母だけじゃなく、友達や彼氏にまで及んだ。

私は、相手に沢山のことをしてあげてるのに、

目に見える愛情を返してくれない友達や彼氏は、恨んだり、自分からどんどん関係を切り捨てた。

他人との関係が続かない原因が、自分にあるとも知らずに。

私の依存症は、自分がアダルトチルドレンであると自覚してから徐々に軽減。

愛情が必ずしも目に見えるものじゃないこと、

私が愛情を与えた相手から、愛情が返ってこないこともあること、

愛情は、見返りを求めるものじゃないことを、

アラフォーにして、ようやく理解できるようになったから。

今では、自分の家族や友達に、私にできる精一杯の愛情を注いでるつもりだ。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング