心が子供のまま身体だけが大人へと成長した|それを証明する2つのこと

私は長女だったので、家庭内では親の親代わり。

親のために頭を使い、家族が崩壊しないようにいつも気を張って生きていた。

なので、周りの人の目には、私がクールで無口で大人びた子供に映ってたと思うし、私もそのつもりだった。

でも、それは見せかけの姿。大人の皮をかぶった小さな子供。

機能不全家族で育ったアダルトチルドレンの私の心が正常に成長するはずもなく、

私の心の成長は、ほんの5年前まで子供のまま止まっていた。

こちらの記事もオススメ



実家を離れた途端、家族が恋しくなった私

私は、高校を卒業してから、関東の短大に入学するため18歳の時に実家を出た。

あの時は、息苦しい実家からぬけ出せる嬉しさと、新しい生活への期待で胸がいっぱいだった。

でも、新しい生活を始めて間もなく、私は五月病になった。

家に帰りたい。家族に会いたい。

一緒に住んでたら最強に居心地の悪い家族なのに、ちょっと離れただけでどうしてこんなに恋しくなるんだろう・・・。

私は、その理由が全くわからなかった。

こちらの記事もオススメ



実家から東京に戻る日、私はいつも泣いていた

短大生の時も、社会人になってからも、私は、長期の休みには必ず実家に帰った。

実家に帰っても、酔っ払いの父と、忙しくしてる母や妹たちがいるだけで、

いびつな家庭環境は、私が一緒に住んでた時と何ら変わらないのに・・・。

しかも、自分の部屋だった場所は、いつの間にか妹の部屋に。

自分の居場所を失い、窮屈な思いをしながら過ごす家族との時間。

それでも、休暇を終えて東京に戻る日は、

見送りに来る家族と別れたとたん寂しさに襲われ、いつも涙があふれて止まらなかった。

こちらの記事もオススメ



私以外の大人は、みんな年上という錯覚

私は、最近まで、周りの大人は全員、自分よりも年上だと思い込むクセがあった。

仕事で会う人、ママ友、テレビで観る芸能人。

私は、もうアラフォーなので、自分は40代の自立した大人で、会う人はほとんど年下だと感じるのが普通だと思うけど、

私は、いつまでたっても子ども目線がぬけなかった。

こちらの記事もオススメ

自分がアダルトチルドレンと気づいた時から、心の針が動き始めた

私が35歳の時に、母とのいさかいが無ければ、

私はまだ、人生という真っ暗闇の中を1人ぼっちでさまよってたと思う。

でも、自分がアダルトチルドレンだと自覚し、

アダルトチルドレンの後遺症から抜け出すために、沢山の涙を流しながらも心の中の小さな私と向き合い、励まし、育てたことで、

私の心の奥で膝を抱えて泣いてた小さな私は、やっと歳相応の大人になれた。

離れて暮らす親の愛を求めて無く私、周りの大人がみんな年上に見えてた私はもういない。

今は、2児の子供を育てるアラフォーおばさんとして、普通に、平凡に生きている。





人気ブログランキング