言いたいことが言えない|自分の気持ちを口に出せない苦しみと葛藤

私は昔から、自分の気持ちを伝えるのが苦手だった。

何か悪いことをして親に問いつめられた時、

私はいつも黙りこんで、その時間が過ぎ去るのをじっと耐えて待った。

自分の頭の中では、言いたいことがグルグルと回ってるのに、

色々考えすぎて、自分でも何が言いたいのかがわからなくなり、

結局、何もかも自分の心の中に閉じ込めてしまう。

私のこうした性格は、アラフォーになった今でもあまり変わっていないが、

私が、自分の素直な気持ちを相手に伝えずに我慢してしまう理由は、

自分が、傷ついたり嫌われたりするのが怖いからなんだと思う。

こちらの記事もオススメ



初潮になった時、母にその事実を言えなかった私

私は、中1の冬に初潮をむかえた。

忘れもしない、私が13歳になる誕生日の月。

保健体育で習ったからか、友達から聞いてたからか、女子にはいつか生理がくることは知っていたが、

私は、生理がきたことをなぜか母に言うことができずにいた。

自宅のトイレに置いてあった母親用の生理用ナプキンをこっそり使い、初めての生理は乗り切ったと記憶している。

でも、そのうちトイレのナプキンが底をついた。

それでも、私は、母に生理がきたことを伝えることができず、

トイレットペーパーを何枚も重ねて、それをナプキン代わりに使った。

そのうち、ナプキンの減りが早いことに気づいた母が「生理きたの?」と聞いてくれて、

私はようやく母にその事実を伝えることができたのだ。

こちらの記事もオススメ



自分の気持ちを素直に伝えられなかった時、その後に待つのは地獄だけ

自分の気持ちを、素直に伝えることが苦手だった私。

誰かにすごく嫌なことをされた時、相手を無視して、相手との関係を急に絶ちきったりすることもあった。

でも、そんな時は必ず、その後何年も、地獄の苦しみが待ってた。その地獄の苦しみは、

・相手にされた嫌なことが忘れられない

・自分の気持ちを伝えられなかった後悔

・相手を無視した罪の意識

などなど・・・。

相手を責めたてる言葉、自分が本当に言いたかったこと、自分の言い訳・・・。

そんな言葉が、いつまでも、頭の中をグルグルとよぎる。

私が、自分にかけたその呪いは、私の身体が、その嫌な相手から、物質的に離れるまで続く。

相手に、自分のことをわかってもらいたかった。

ただ、それだけのために。

こちらの記事もオススメ



言いたいことが言えなかった私を変えた結婚生活

他人に、言いたいことが言えない苦しみと葛藤。

それは、私が機能不全家族に育ち、父や母に、自分の言いたいことを主張する機会がほとんどなかったからだと思う。

そんな私の結婚生活は、今月めでたく10周年を迎えたが、自分でも奇跡としか言いようがない。

結婚当初から、夫に言いたいことを伝えられなかった私は、

我慢に我慢を重ね、心の限界がくる度に、夫に対して泣き叫び暴れた。

それを言っちゃあおしまいよ。

と言うような、夫本人のことや、夫の家族のことまでののしりまくったこともあった。

ケンカをすると必ず、「離婚だ!」と白黒はっきりつけたがる私を相手に、

夫は、いつも曖昧(グレー)だった。そして、一度も離婚に応じることはなかった。

自分の言いたいことを言っても、こんな私を100%受け止めてくれる人がいる。

私を嫌いにならないでいてくれる人がいる。

私は、あるがままの自分でいていいのかな?

愛情がいつも保障されてる家族に育っていたら、

私は、素直でまっすぐな心で、自分も他人も愛することができたんだろうな。

私は、今でも不器用で、自分の気持ちをうまく相手に伝えることは苦手だが、

夫との壮絶なコミュニケーションの練習のおかげか、夫の愛情のおかげか、

前よりは冷静に、他人と向き合えるようになってきた。

自分の気持ちを我慢せず、自分の気持ちから逃げず、どんな形でもいいからとにかく相手に気持ちを伝えよう。

言いたいことがグルグルと渦巻くアリ地獄のような感情のワナに二度と落ちないために。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング