私と私が一体化した時|心の奥で生きていた小さな私に永遠にサヨナラ

自分が、機能不全家族で育ったアダルトチルドレンだと知った時、

私は、健全で幸せだと信じて疑わなかった自分の家族が、ガラガラと音をたてて崩れていく絶望を経験した。

それから2年ほどは、気がつくと泣いて過ごしてたと思う。

だって、どんなにひどい家族でも、私にとってはいつだって心のより所であり、大好きな家族だったから。

そんな大切だった家族が自分の生きづらさの原因だったなんて、私はこれから何を信じて生きていけばいいの?

その時には、すでに結婚をしていた私だったが、夫の元に嫁ぎ、夫との新しい家庭の中で生活しながらも、

心の中では、自分はまだ、両親と妹たちがいる家族の一員で、

不安定な家族を支える頼りがいのある長女なんだという意識を強く持っていた。

だからこそ、自分の居場所を失ってしまったという喪失感に押しつぶされてしまったんだと思う。

こちらの記事もオススメ



アダルトチルドレンを育てる過程で見つけた小さな頃の私

私は、自分がアダルトチルドレンだからといって、いつまでも絶望してるわけにはいかなかった。

なぜなら、あの頃の私は、幼い2人の子供を育てながら仕事もしていたからだ。

生きづらい人生を変えたい。

そんな強い思いを胸に、私は、アダルトチルドレンを克服するためのワークブックを買い、

自分でできる限りのことをしようと決心した。

そのワークブックの中に、目を閉じて、心の中にひそんでる子供の頃の自分を見つけるというワークがあった。

子供の私なんているわけないじゃん・・・。

と思いながら目を閉じた私。

すると、7、8歳ぐらいの女の子が目の奥にたたずんでいた。

私は、自分でも驚いたことに、子供の頃の私とすぐに対面することができたのだ。

こちらの記事もオススメ

小さな頃の自分と向き合い、その小さな声を聞いてあげることの大切さ

ワークの最終地点。

それは、心の成長が止まってしまった、心の中にいる小さな頃の自分を大人へと育て上げること。

そのために、小さな頃の自分と対話する。

小さな頃の自分が感じた辛かったこと、悲しかったこと、寂しかったこと、悔しかったこと、

その全てを今の自分が聞いてあげて、優しくなぐさめてあげる。

それを繰り返すうちに、小さな頃の自分は、自信と安定を取り戻し、大人へと成長していくことができるようになるそう。

ただ、私にとって、このワークは本当に辛いものだった。

小さかった私の小さかった心が、あんなにも沢山の寂しさを抱えてたなんて・・・。

小さな頃の私も、大人になった私も、両方とも自分自身。

だからこそ、気が狂いそうになるほどしんどかった。

それでも私は、自分の親たちのように、小さな頃の私を見放すことは絶対になかった。

こちらの記事もオススメ



小さな私に会えなくなった日

1冊のワークが終わり、実家の機能不全家族とも距離をおくようになり、私は平穏な日々を取り戻しつつあった。

あれから約6年。

最近、ふと目を閉じてみると、小さな頃の私が心の中にいないことに気がついた。

自分と向き合い、自分のあり方について色々と試行錯誤を繰り返してるうちに、

子供のまま成長が止まってた私の心は、いつの間にか実年齢に近い状態に育ってくれたのかもしれない。

今でもたまに、子供のような癇癪(かんしゃく)が起こることもあるが、

少しずつ感情をコントロールできるようにもなってきた。

しかし私は、小さな頃の私を忘れるつもりはない。

小さな頃の私が、思い出の中で心から笑っててくれる。

それが、私が一番望んでいることなのだから。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング