こだわりが強い?アスペルガーグレーゾーン女が考える人生の傾向と対策

私が、初めてアスペルガー症候群という言葉に出会ったのは、ちょうど40歳を過ぎた頃。

日課のYahooニュースをチェックしていた時、

某女性漫画家のSさんが、アスペルガー症候群という発達障害を抱えていたとの記事と出会い、彼女の傾向を見てピンときた。

アスペルガー症候群の症状って、私の行動パターンと似てるかも・・・。

私は、アスペルガー症候群の傾向を詳しく調べてみることにした。


アスペルガー症候群の傾向

アスペルガー症候群は「自閉症」のタイプの一つだ。

その傾向を、できる限りまとめてみたが、これだけでは語りきれないほどアスペルガー症候群の特徴は様々。

また、こうした傾向がすべてアスペルガー症候群の人に当てはまるわけではなく、症状の傾向や重さには個人差がある。

  • 雑談が苦手
  • 電話での会話が苦手
  • 騒がしい場所が苦手
  • 情報受信が特異的
  • 感想を表現することが苦手
  • 突然の予定変更が苦手でパニックをおこす
  • 失敗への恐怖心が強い
  • 相手の反応や状況を察することが難しい
  • 発言が一方的でくどい
  • 言葉の裏の意味や曖昧な表現がわからない
  • 特定のものやことがらにこだわる
  • ものの形や図柄が変わらないものを好む
  • 同じ動作を繰り返す
  • グループでの業務・活動が苦手
  • やりとりがうまくかみ合わない
  • 自己流で物事を進めたがる
  • 他人に関心がない
  • 視線があいにくく、表情が乏しい
  • 自分なりのやり方やルールにこだわる
  • 感覚の過敏さ、鈍感さがある
  • 手先が不器用
  • 細部にとらわれてしまい、最後まで物事を遂行することが出来ない
  • 過去の嫌な場面のことを再体験してイライラしやすい
  • 興味がある物事に関しては記憶力が高い
  • 興味がある物事に関しては集中力が高い
  • 明確な指示がないと動けない
  • 場の空気を読むことができない、空気に沿った対応ができない
  • 冗談が通じず、会話の行間や間を読むことができない
  • 曖昧なことを理解できない
  • 好きなことは永遠とやり続けてしまう、話し続けてしまう
  • スケジュール管理ができない
  • 自分が興味のないことは頑なに手を出そうとしない
  • 名前を呼ばれないと自分だと気が付かない
  • 相手の気持ちをおもんぱかれず、人を傷つけることを平気で言う



私は、アスペルガー症候群のグレーゾーン女だったけど・・・

アスペルガー症候群という言葉に初めて出会った時、

私は、心の中で何かがストンとおちる感覚を覚えた。

なぜなら、アスペルガー症候群の傾向と、私の行動パターンや苦手とする内容が驚くほど合致したからだ。

もちろん、アスペルガー症候群の全ての傾向が、私に当てはまるわけではない。

しかし、過去の記憶を辿れば辿るほど、思い当たる出来事が山のようによみがえってきた。

私の生きづらさの原因が発達障害にあると気づいた時、私は自分以外の第三者に、

あなたの生きづらさは、あなたが発達障害を抱えていたからなんだよ」

と、証明してもらいたいと思った。

その証明がほしくて、病院で診断をしてもらおうかどうか迷った。

しかし、その一方で、自分の生きづらさのせいで、人に嫌な思いをしたりさせたりすることはあっても、

私は大きな不自由なく生活できている。

発達障害だと診断が下りたところで、自分が何もしなければ何も変わらないとも思った。

結局、私は、自らをアスペルガー症候群のグレーゾーン人間と自己診断し、

自分の苦手と向き合いながら、しばらく生きてみることにした。

こちらの記事もオススメ



アスペルガー症候群グレーゾーン女の私が考える生きづらさの傾向と対策

「発達障害グレゾーン人間」とは、

発達障害と診断されないまでも、その傾向が強く、生きづらさを感じている人のことを指す。

私は、発達障害の診断を受けずに、自分の苦手を知り、

それを回避したり、受け入れたり、克服したりしながら、自分の障害と上手く付き合う道を選んだ。

アダルトチルドレン特有のパーソナリティー障害の症状と発達障害とが相まって、

たまに精神的に不安定になり、死にたくなることもあるが、

自らの障害を知る前の自分と比べると格段に生きづらさを克服できている気がする。

アスペグレー女が考える生きづらさの傾向と対策。それは、

傾向:生きづらさの原因をなるべく早く知る(本やネットで)

対策:無理をしない範囲で、その原因と向き合っていく(嫌なことや辛いことから逃げてもOK)

自分がこだわりたいなら、とことんこだわっても良し!

自分らしく生きれる道を、これからも突き進んでいきたいと思う。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング