とざされた私の心を開いたものとは?どうして私は鎧をまとったのか

物心ついたころから、私は見えない鎧をまとっていた。

家でも、家の外でも、何かから懸命に自分の心を守るために、重くて硬い鎧を。

いつしか、その鎧をつけていると、なんだか息苦しくなってきた。

重い。しんどい。これは、何のためにつけていたんだっけ?

私は、鎧の必要性を考える時期がきたのだと思い、

鎧を投げ捨ててしまう前に、その鎧について思いを巡らせてみることにした。


どうして私は鎧をまとったのか

私は、物心ついた時から、自分以外のもの全てから自分の心を守っていた。

家族、親せき、学校の先生や同級生、会社の上司や同僚、友人、恋人・・・。

常に味方でいてくれる親友以外は、誰もがだった。

私の心を傷つける敵だった。

世の中、理不尽なことが多すぎると、小さな子供のくせに、自分の正義を守ろうと必死だったのかもしれない。

そんな弱肉強食の世界で生き抜くためには、私にとって鎧は必需品だったのだろう。


鎧の副作用

しかし、重くて硬い鎧は、

私を守ってくれる反面、私に副作用をもたらした。

その副作用とは孤独だ。

自分を隔離し、自分を守りすぎた私には孤独しか残らなかった。

自分の夫や子供がいて、一緒に暮らしているのに孤独を感じる。

どうしようもない孤独感が爆発して、夫や子供にモヤモヤした感情をぶつける。

どうしてこんなにイライラするんだろう。

その原因は、自分を守りすぎたから。過保護にしすぎたから。

いつまでも鎧がぬげない、心が歪んだナルシスト。

これが、鎧をまとった40女のなれの果て。

辛い、苦しい、生きづらい・・・。

でも、この鎧、どうやったら脱げるんだっけ?

自分を信頼して愛してくれる家族がいて、数は少ないけど大切な親友がいて、

それでも、私はまだこの鎧が必要?

鎧に押しつぶされる前に、孤独にむしばまれる前に、早くこの鎧をぬがないといけない気がする。

息切れと焦りを感じはじめた私は、とにかく鎧の脱ぎ方を模索することにした。


鎧の脱ぎ方を知る

鎧の脱ぎ方。

そんなトリセツなんてあるわけないので、まずは自分を荒野に放り込んでみることにした。

それは、子供の幼稚園や小学校のPTAだった。

いままで、避けに避けてきた社交場。自分とは、価値観が絶対的に違うだろうというママさんたちとの交流。

最初は、鎧でガッチガチに固めていた私だったが、想像以上にみなさん優しく拍子抜けした。

色んな人と出会ううちに、私は、

アスペルガー症候群で世間に馴染めない私でも、もしかしたら受け入れてもらえるかも。

という手ごたえを感じ始めた。

そして、1年ほどで、人前でも、鎧の仮面下半身ぐらいは外せるようになった。


とざされた心の扉を開いたもの

私は、家でも鎧をつけてきた。

特に、夫の前では。

夫は、私の自由を奪う悪人。私は、カゴの鳥になりたくない。

つまり、私は結婚生活10年の間、夫に心を開いたことがなかったのだ。

しかし、家の外でも鎧が脱げるようになった私が、家の中で鎧を脱げるようになるまでに、時間はかからなかった。

私、何もかも夫のせいにして、現実から逃げていたのかもしれない。

そんなことがフッと頭をよぎってから、

家族とか、自分の時間とか、自分にとって大切なこととかについて色々と考えるように。

そして、ついに閉ざされていた私の心の扉を開ける瞬間がきた。

おつかれさま、ごめんね、ありがとう。

そんな私から夫への言葉が、私の口から自然に飛び出したとき、

鎧が完全に外れたと確信した。

私は、もう孤独に悩まされることはない。

軽くなった心と身体で、今この瞬間を楽しもう。





人気ブログランキング