筋が通らないことが大嫌い!人間関係を破たんに追い込んでしまう私の頑固な一面

私は、昔から筋が通らないことが大嫌い。

誰になんと言われようと、自分が納得できないことは岩のように動じず、頑なに拒否する一面がある。

これも、発達障害の影響なのかもしれないが、考え方に柔軟性が欠けているせいか、筋が通らないことが大嫌いな私は、

自分や、自分の家族の人間関係をいくつも破たんに追い込んできた。

こちらの記事もオススメ

友達との決別

20代で一人暮らしを始めた私は、週末のスケジュール帳を埋めるために必死だった。

今思えば、充実した自分を誰かにアピールしたかったのかもしれない。

しかし、基本的に、週末のスケジュール帳はいつもガラガラ。

スケジュール帳に予定を書きこむには、私と遊んでくれる誰かを見つけなければならなかった。

そこで、よく会うようになったのが、短大生のころに少しだけ交流があり、20代になって偶然再会したNちゃんだった。

Nちゃんは、面倒見がよく、破天荒で気まぐれで情に厚く、よくしゃべる子だった。

仕事の悩み、恋愛の相談など、会う度に色々話をしたり、箱根に一泊旅行をしたりもした。

これだけ聞くと、仲の良い友達に思われるかもしれないが、

Nちゃんは沈黙が苦手なのか、私がもう聞き飽きたというような顔をしても、マシンガンのように同じようなことをずっとしゃべり続けていた。

いつしか、Nちゃんと会っても話が合わなくてつまらないと感じるようになった私は、Nちゃんから遊びに誘われても断るようになった。

そんなとき、私がNちゃんと決別したある出来事があった。

Nちゃんと会わなくなって数か月がたったころ、Nちゃんから久々にメールがきた。

いつものように、遊びの誘いかな?とメールの内容を読んでビックリ。Nちゃんが結婚をしたというのだ。

しかも、すでに結婚式まであげたとのことだった。

お相手の男性の存在は私も知っていたが、お付き合いには至っていなかった人とのいきなりの結婚報告。

私は、唖然とした。

Nちゃんの結婚に、羨ましいとか妬ましいといった感情は一切なかったが、

友達だと思っていたNちゃんからのいきなりの結婚事後報告。

友達として、筋を通さなかったNちゃんとは、それ以来、友達を辞めることにした。

こちらの記事もオススメ

放置子家族との決別

我が家は、娘の小学校入学のタイミングに合わせて新居を購入し、今住んでいる家に引っ越してきた。

引っ越してきたときは、周りに知り合いがおらず、娘に友達ができるかどうか心配だったが、

家の近所に娘と同い年の女の子Sがいることを知り、早速、近所づき合いが始まった。

私の夫は、社交性抜群で、どんな子供にもすぐに慕われる性格をしているため、Sの姉Tや兄Yとも仲良くなるのにあまり時間はかからなかった。

しかし、それが地獄の始まりだった。

Sの家は、両親ともに塾の講師をしていて、夜は3人の子ども達を、遠方から毎晩車で通ってくる祖父母に預けて仕事に出かける。

夜遅くまで仕事をしているせいか、土日の午前中は両親ともに、遅くまで寝ているようだった。

娘がSから聞いた話では、父親はいつもカギをかけて、子供が部屋に入らないようにしていたそう。

Sとその兄Yはとにかく活発で、うちの娘が1年生のころは、しょっちゅう遊びに来てはうちの庭を荒らした。

一度、我が家の庭で一緒に花火をした時、Sの兄Yが、フェンス代わりに掛かっていた布を花火で故意に燃やした。

うちの夫はYに対してその場で注意したが、Sの母親は笑って見ているだけだった。他にも、

  • 早朝・お昼時・20時過ぎなど、SやYが時間に構わずうちにやって来る
  • Sの母親が、うちの娘にバナナを食べるとガンになると吹き込んだ
  • まだ小学1年生なのに、近隣の中学校の偏差値の話をされた
  • うちの娘が小学校1年生の時、Sに何日も学校で無視されたことが数回あった
  • うちの娘とSがコンビニにこっそり行ったことを、全てうちの娘のせいにされた
  • 雨の日は、Sが必ずうちに遊びにくるが、Sの家では絶対に遊ばせてもらえない
  • Sはアレルギーをもっていて、うちがあげたお菓子は、全てSの母親がチェックする
  • うちの庭でサンマを焼いてみんなで食べようという話をしたところ、Sの母親の体調不良を理由にドタキャンされた
  • Sの母親は、家ではノーブラらしく、Sの母親の胸が服のすき間から見えたと、うちの娘が申し訳なさそうに報告してきた(トラウマにならなきゃいいけど)

など、私にとって、Sの家族が絡む出来事の1つ1つがすべてストレスとして積み重なっていった。

それでも、うちの娘はSが好きだった。

夫からは、うちだって入学当時はSの家族にお世話になったんだし、子供たちのことだから、大人が口を出すなと何度も警告を受けたが、

1年半我慢した私の堪忍袋の緒はついに切れた。

その頃は、我が家も夫婦共働きで、条件はSの家族と同じはずだった。

にもかかわらず、Sの父親は顔を出すどころか、「いつもお世話になっています」の一言もなし。表に出てくるのは、常にSの母親だった。

それに、最初のころは、挨拶を交わしていたSの母親も、近所づきあいに甘えがでてきたのか、いつしか顔を出さなくなった。

うちの夫が、SやYと数えきれないほど遊んだり、Sの兄Y1人だけを連れて遊びに行くことさえあったにもかかわらずだ。

SもYもれっきとした放置子だった。

放置子である上に、塾の講師である両親は、子供たちが何かを失敗する度に、子供たちを大声で怒鳴り馬鹿呼ばわりしていた。

SもYもアダルトチルドレンなのではないか・・・。かわいそうな子たちなのではないか・・・。

そう感じながらも、私は、自分の子供を育てるという責任を他人に転嫁したり、

世話になっている相手への思いやりを持てず、面倒な子供たちを一方的に押し付けてくるSの両親が許せなかった。

その子たちの面倒をみることは、大嫌いなSの両親を助けることになる。それだけは絶対にイヤだ。

私は、いつしか、Sの家族を完全に無視するようになった。

私の気持ちを伝えても仕方ない。あの人たちと話し合いの機会なんて持ちたくない。

だって、もう一切Sの家族とは関わりたくないから。

私から娘に、「もう来ないでとSに伝えてほしい」と告げてから、SもYも来なくなった。

娘が3年生になり、Sとクラスが分かれてからは、娘も別の親友ができ、今では平穏な日々を過ごしている。

こちらの記事もオススメ

筋は通すべきか?

私の筋の通し方は、賛否両論あると思う。

しかし、許せないものは許せない。許せないものを無理やり許しても、心にわだかまりが残るだけ。

友達だったNちゃんも、Sの家族も、たった一言、

「結婚するよ。事情があって結婚式には呼べないけど、また報告するね!」

「いつもお世話になります。仕事が大変で、子育てまで気が回らずご迷惑をおかけしてすみません。」

と声をかけてくれていたら、それだけで筋を通せたはずなのだ。

その一言があれば、全て許せたのだ。

私の周りを見渡すと、自分の体調や時間を犠牲にして、子育てを頑張っている人たちばかり。

ちょっとした一言で相手を思いやる気持ちを忘れず、小さな贈り物を欠かさない人だっている。

40歳をすぎて付き合う相手を選ぶようになり、さすがに人間関係のこじれは減ったが、

私がもっている筋は、自分の信念とリンクしているのだという気持ちは変わらない。

これからも、周りの意見を聞きつつも、自分の頑固さを大切にして生きていきたい。

こちらの記事もオススメ


人気ブログランキング