祖母の死から立ち直れなかった私|あれから8年たった今思うこと

2011年10月に、私の母方の祖母が死んだ。死因はがんだった。

その時、私は33歳。

その頃の私は、すでに結婚をして娘が1人いたが、

夫と自分の家庭があるにもかかわらず、自分の味方をしてくれる人はこの世でたった2人。祖母と母だけだと信じていた。

こちらの記事もオススメ

人のためにつくし、優しく真っすぐに生きた祖母

私は、祖母を心から尊敬していた。

戦争を体験し、いくつもの苦境に立たされ、それでも地に足を踏ん張って懸命に生きた人生。

自分の子供には、厳しい一面を見せる反面、私たち孫は心から愛してくれた。

定年後は、人のためにとマッサージ師の資格をとり、近所の高齢者にとても喜ばれ、充実した人生を送っていた矢先、

祖母の身体にがんが見つかった。

信心深かった祖母は、どうして自分が・・・と、とてもショックを受けていたと、後に、母親が私に話してくれた。

がんが見つかった時、家族みんながきっと治るだろうと楽観的に考えていたが、

残念ながら、がんは治療の甲斐なく進行し、祖母は力尽きた。

こちらの記事もオススメ

自分がアダルトチルドレンだと気づいた時、祖母も憎しみの対象になった

大好きだった祖母の死。

いつまでも私の味方でいてくれる大切な理解者。

その大きな存在を失った時、私は絶望の底に突き落とされた。

祖母と母を失ったら、私を味方してくれる人がいなくなる。そしたら、私の生きる意味も価値もなくなってしまう。

そんな想いに押しつぶされそうになりながら、祖母が亡くなって3ヶ月ほどは、気がつくと泣いてばかりいた。

しかし、祖母の死を受け入れられないまま2年が過ぎたころ、

私は、あるきっかけで、自分がアダルトチルドレンだと気づいた。

私がアダルトチルドレンになったのは、祖父のせい、祖母のせい、父のせい、母のせい・・・

絶望に狂いながらも、祖母への依存心が解けるとともに、祖母の死の悲しみから解放された私は、

いつしか、祖母のことを忘れていった。

こちらの記事もオススメ

祖母について今、思うこと

自分がアダルトチルドレンだと自覚してから、

私は、自分と向き合う日々をもう6年も続けている。

その中で、私が祖母や母をはじめ、血のつながった自分の家族に強く依存していたこと、

だからこそ、夫と新しく築いた家族に心を開けていなかったことに気がついた。

私の味方をしてくれるのは、祖母や母だけではない。

夫や子供や友達や周りの人全て、私の味方をして愛情を示してくれる人は沢山いる。

大丈夫。

今では、遠い空の上に昇ってしまった祖母を想いながら、

祖母がくれた沢山の愛を忘れず、私を愛してくれたことに感謝し、やさしくほほえむことができるようになった私がいる。

こちらの記事もオススメ


人気ブログランキング