アダルトチルドレン

祖母の死から立ち直れなかったワタシ|あれから8年たった今思うこと

2011年10月に母方の祖母が死んだ。死因はがんだった。

その時、ワタシは33歳。

その頃のワタシは、すでに結婚をして娘が1人いたが、夫と自分の家庭があるにもかかわらず、自分の味方をしてくれる人はこの世でたった二人。

祖母と母だけだと信じて疑わなかった。



人のためにつくし優しく真っすぐに生きた祖母

ワタシは、祖母を心から尊敬していた。

戦争を体験し、いくつもの苦境に立たされ、それでも地に足を踏ん張って懸命に生きた人生。

自分の子供には、厳しい一面を見せる反面、ワタシたち孫のことは心から愛してくれた。

定年後は、人のためにとマッサージ師の資格をとり、近所の高齢者にとても喜ばれた祖母だったが、充実した人生を送っていた矢先、身体にがんが見つかった。

信心深かった祖母は、どうして自分が・・・ととてもショックを受けていたと、後に母がワタシに話してくれた。

がんが見つかった時、きっと治るだろうと楽観的に考えていたが、がんは治療の甲斐なく進行し、祖母は力尽きた。



自分がアダルトチルドレンだと気づいた時~祖母も憎しみの対象になった

大好きだった祖母の死。

いつまでもワタシの味方でいてくれる大切な理解者。

その大きな存在を失った時、ワタシは絶望の底に突き落とされた。

祖母と母を失ったら、ワタシを味方してくれる人がいなくなる。そうしたら、ワタシの生きる意味も価値もなくなってしまう。

そんな想いに押しつぶされそうになりながら、祖母が亡くなって3ヶ月ほどは気がつくと泣いてばかりいた。

しかし、祖母の死を受け入れられないまま2年が過ぎたころ、ワタシは、あるきっかけで、自分がアダルトチルドレンだということを知った。

ワタシがアダルトチルドレンになったのは、祖父のせい、祖母のせい、父のせい、母のせい・・・。

絶望に狂いながらも、祖母への依存心が解けるとともに、祖母の死の悲しみから解放されたワタシは、いつしか祖母のことを忘れていった。



祖母について今思うこと

自分がアダルトチルドレンだと自覚してから、ワタシは、自分と向き合う日々をもう6年も続けている。

その中で、ワタシが祖母や母をはじめ、血のつながった自分の家族に強く依存していたこと、だからこそ、夫と新しく築いた家族に心を開けていなかったことに気がついた。

ワタシの味方をしてくれるのは、祖母や母だけではない。

自分が気づかなかっただけで、夫や子供や友達や周りの人全て、ワタシに愛情を示してくれる人は他にも大勢いたのだ。

大丈夫。

今では、遠い空の上に昇ってしまった祖母を想いながら、祖母がくれた沢山の愛を忘れず、ワタシを愛してくれたことに感謝し、やさしくほほえむことができるようになったワタシがいる。






人気ブログランキング

関連記事
アダルトチルドレン

ちょっとしたことで傷つく心を守るためにワタシは外面がいい人になった

2020年8月7日
人生が辛いことばかりだったと気づいた日|誰かワタシを診断してください
「姉ちゃんって外面がいいよね」 大人になり、3歳下の妹からワタシへ言われた言葉だ。 妹にそう言われて、一番外面がいいのはおめぇだ …
アダルトチルドレン

素直になれなかった子供のワタシ|素直になりたくてもなれない大人のワタシ

2020年8月11日
人生が辛いことばかりだったと気づいた日|誰かワタシを診断してください
ワタシは、三姉妹の長女として生まれた。 昭和53年。古き良き時代。 でも、あの時代は、昔からの悪しき習慣が未だ根付いている時代で …
アダルトチルドレン

親の歪んだ愛情表現はワタシの心と身体に今も残るトラウマを刻んだ

2020年8月5日
人生が辛いことばかりだったと気づいた日|誰かワタシを診断してください
母からの身体的虐待は数えるほどしかなかったが、父からの身体的・精神的虐待は、ワタシの心に今でも大きなトラウマを残している。 父から繰り …
テキストのコピーはできません。