自分を好きになれない私|監視役のワタシが私にもたらし続けてきた災いとは?

私は、機能不全家族で育ったアダルトチルドレン

長女だった私は、物心ついたころから、いつ崩れ落ちてもおかしくない我が家の安定をはかる監視役だった。

今思えば、誰に頼まれたわけでもなく、そうならざるを得なかったように思う。

親の顔色を常にうかがいながら育った私は、他人のちょっとした仕草や言動に非常に敏感な子供に育った。

親に対して、子供はこうあるべき。

家族から押し付けられてきた「こうあるべき」という無言の圧力は、

いつしか、私という人間はこうあるべきという形に姿を変えて自分自身を縛るようになった。

こちらの記事もオススメ

私は、もっと美人であるべきという呪縛

私は、自分の外見が今でも大嫌いだ。

笑うと歯茎が見える口元、小さな胸、20代後半から増えてきた白髪、猫背・・・

こんなことを言うと意外に思われるかもしれないが、

私は168センチのヤセ型で目が大きく、周りから美人だ、モデルみたいだと昔からちやほやされて育った。

でも、アダルトチルドレンとして育ち、性格がひねくれまくってしまった私は、

そうした言葉を全てお世辞として受け流し、素直に受け止めることはなかった。

それどころか、

私は歯茎や胸のせいで完璧じゃない不完全人間。きっと、みんなそう思っているに違いない。

と信じて疑わなかった。

結婚をして、外見コンプレックスを少しは克服したものの、

未だに笑っても歯茎の見えないキレイな歯並びの口元や、大きな胸への強い憧れを捨てきれない自分がいる。

こちらの記事もオススメ

私は、もっと大人であるべきという洗脳

私の中には、もう一人のワタシが住んでいる。

本当の私は、アスペルガー症候群という発達障害を抱えており、どちらかというと子供っぽくて感情的だが、

もう一人のワタシは世間体や”こうあるべき”をいつも私に押し付けてくる。

どうしてあなたは、すぐに感情的になるの?

どうしてあなたは、そんなくだらないことにこだわってばかりいるの?

どうしてあなたは、他人に優しくできないの?

もっと、大人になりなさい。

もう一人のワタシは、斜め上から監視役のように私を四六時中見下ろしていて、

私が失敗したり落ち込んだりする度に、私を励ますどころか、お前はダメ人間だ、お前なんか最低だ、お前なんか死んでしまえと責めたてる。

自分に一番厳しかったのは監視役のワタシ、つまり自分自身。

自分に厳しく、自分を受け入れられない私が、他人に優しくできるはずがなかった。

こちらの記事もオススメ

私は、もっと完璧な人間であるべきという葛藤

監視役のワタシは、つねに完璧であることを私に要求しつづけた。

完璧になれない私と、完璧を求めるワタシ。本物の私はどっち?

私は、どっちのワタシを信じればいいの?

子供の頃に、親から自然と植え付けられた”こうあるべき”という理想の自分。

しかし、自信がもてない人間の理想がどれほど高く果てしないものか。

理想の自分に近づくことすらできないと気づいた時、私には絶望しか残らなかった。

20代前半に、早々と理想の自分を見失った私は、運命の赴くままにただただ生きてきた。

仕事を、結婚を、人生そのものを、色々な理由を後付けしながら。

理想の自分を失った後も、私は、事あるごとにワタシに心を乱された。

あの時はこうすればよかった、あの時はああすればよかったと、頭の中で私とワタシの答え合わせが始まる。

そして、答え合わせの後は、全てのものへの漠然とした罪悪感だけが、私の心に黒く漂い続けるのだ。

こちらの記事もオススメ

敵は自分!監視役のワタシと戦い続ける私

自分が発達障害だと自覚してから、自分への信頼を取り戻せるようになった私。

あるがままでいい。どんなに不完全な人間でも、これが私。

これでいいのだ。

そう思えるようになってから、私の中のワタシは勢力を失い始めた。

私は、どんな時だって自分が好きな私になれる。

でも、それは決して昔目指していたような完璧で理想的な人間ではなく、私が心から信頼できる自分。

今でも、ワタシがたまに顔を出すことがあるが、私がワタシを責めることはない。

私は、ワタシの言い分をとことん聞き、ワタシと対話し、ワタシが納得するまで説得する。

私は、ワタシの言いなりにはならない。私は、ワタシが求める人間にはなれない。

私は、自分がなりたい私になるのだから。

私は、いつしか私とワタシが和解し、ワタシが私と融合して消えていくことを願っている。

人気ブログランキング