時間が守れないのは病気?いつも遅刻で自己嫌悪ばかりだった私の真実

私は、物心ついたころから、時間を守るのが苦手だった。

もっと寝ていたい、学校がつまんない、面倒くさい・・・。

私は、自分が時間を守れないのは怠惰のせいだと思ってきた。

時間ギリギリになって私を起こす親の怒鳴り声が、私の耳には今も残っている。

こちらの記事もオススメ



時間が守れない私

小学生の頃は、同じ町内の子供たちと集団登校していた。

集合場所での待ち合わせ時間は7時25分で、出発は7時35分。

私が集合場所に到着するのは、いつも出発時間ギリギリか遅刻で、

もっと遅い時は、ちょうど家の前をとおる集団登校の列に途中から加わることもあった。

もちろん、置いていかれたことも何度もあった。

中学生になっても寝坊癖は治らず、中学校が家から近かったせいか、

小学生の頃よりも遅く起きて朝食を早食いし、学校へ急いで向かう日々を送った。

高校生になっても事態は一向に変わらず、高校生活が苦痛だった私は、

学校に行きたくないという気持ちを引きずりながら登校していた。

高校に入学したての頃は、近所に住む親友と一緒に登校していたが、

私があまりにも毎日遅刻をするので、ある日「別々に行こう」と言われてショックを受け、遅刻グセが治らない自分を責めた記憶がある。

短大生になってからも、社会人になって仕事をするようになってからも、私の遅刻グセは治らなかった。

仕事を辞めて主婦をしている今でも、時間を守るのは苦手だ。

こちらの記事もオススメ



時間が守れない自分を責め続けた日々

大人になってからも、準備をしているうちに、いつのまにか出かける時間になっていることが多い私。

時間が守れないのはダメ人間だ。

気持ちだけは焦るけど、なんか行きたくない。

でも、やっぱり行かなきゃ。行かないのはもっとダメだ

出発までにそんなことを考えながら、自分や時間を守れない自分にイライラして絶望しての繰り返し。

気持ちがひどく落ち込んで準備が進まない時は、会社を休んだり、約束をドタキャンすることもあった。

どうして私はいつもこうなんだろう・・・。

私は、遅刻をする度に自信をなくし、自己嫌悪におちいり、そんな自分をいつも責めてきた。

こちらの記事もオススメ



時間が守れないのは病気のせいだった

私が遅刻を繰り返してしまうのは、アスペルガー症候群の特性にあった。

私の場合は、①物事を順序立てて進めるのが苦手、②こだわりが強いことが遅刻グセにつながっていたのだと思う。

物事を順序だてて進めるのが苦手な私は、これぐらいの時間なら準備ができるだろうという時間を予測して起きる時間や出発時間を決めるのだが、

途中で色んなことに気が散って手を出してしまうため、結果的に自分で逆算して決めた準備時間をいつもオーバーしてしまう。

また、こだわりが強い私は、出かける先に少しでも嫌なことがあると、

心や身体が徹底的に拒絶し抵抗するため、準備が遅れるという結果につながっていた。

私がずっと遅刻魔だったのは、こだわりが強い自分が、勉強や仕事や人間関係を拒否し続けていたからなのだ。

今は、仕事から離れて主婦をしている私だが、幼稚園の役員や小学校の役員の集まりに参加する時は相変わらず遅刻をしてしまう。

それは、こだわりが強い自分が何かを拒否しているせいだと思うが、

遅刻をしたからと私を責める人は誰もいないので、私も遅刻をする自分は責めなくてもいいかなと気楽に考えられるようになった。

私の遅刻グセは、決して怠惰じゃない。

これからは、時間が守れない自分を理解し、上手にコントロールしながら、与えられた役割をきちんと果たしていこうと思う。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング