電話が苦手でいつも緊張する|電話嫌いは克服しなきゃいけないの?

私は、昔から電話が苦手だった。

私が子供の頃、ほんの30年ほど前までは、携帯やインターネットがまだ普及していなかったため、遠方との連絡手段は電話だけ。

友達と遊ぶときは、必ず電話で当日の予定を確かめ合ったものだ。

電話の相手が気の知れた友達やその家族ならまだいいのだが、

電話の相手が話したこともない人や、あまり親しくない人と電話をするときは今でも緊張してしまう。

こちらの記事もオススメ

電話への苦手意識に気づいたのは高校生のころ

高校生になってから、少しオシャレに目覚めた私。

愛読書は、mc Sister(エムシーシスター)という10代少女向けのファッション雑誌だった。

ある時、その雑誌にのっている黒い編み上げのミドルブーツがどうしても欲しくなった。

私が生まれ育った島根県の田舎には、そんな素敵なブーツを扱うお店などない。

ネット通販も普及していない頃だったので、私は考えた末に、雑誌に紹介されているそのブーツを扱うお店に電話をしてみようと思った。

しかし、どうしても電話ができなかった。

緊張して、何を話していいかわからない

悩んだ末に、お店に電話をかけてくれないかと妹にお願いしたが却下。

結局、あのブーツは手に入らず、私はとても残念な気持ちになったことを覚えている。

こちらの記事もオススメ

仕事をしていると電話からは絶対に逃げられない

電話への苦手意識が定着したのは、私が仕事を始めてからだ。

私は、22歳~40歳までの約20年間、事務系の仕事をしていた。

仕事に電話はつきもの。毎日、必ず誰かと電話をしなければならない。

怖い、嫌だ、電話したくない・・・。

そんな気持ちを抱えながら、受話器をとる度にいつも緊張していた。

アスペルガー症候群で、話すタイミングを図るのが苦手な私は、

相手の言葉をさえぎってしまったり、話しすぎてしまったりと、電話でその特性が顕著にでてしまう。

それに、自分の電話の会話を、周りの人に聞かれるのもすごく嫌だった。

どんどん電話して。直接聞いた方が早いから。

そんな言葉を浴びせられる度に、どれほど辛かったことか。

心の中では全力で抵抗しながらも、自分をふるい立たせて電話をかけていたが、私にとってその言葉は拷問でしかなかった。

こちらの記事もオススメ

苦手な電話との付き合い方

私は、主婦になった今でも電話が苦手だ。

着信があっても電話に出ないことが多く、メールが使えるときは極力メールで済ませている。

病院や美容院への予約電話、粗大ゴミの収集依頼、契約の解約など、

早めの電話が必要だとわかっていても、ついつい後回しにしてしまい、

気づけば1週間、3週間、1ヶ月と経っていることも。

どうしても電話しなければいけないときは、ものすごい気合いを入れて電話をかける。

私が、電話が苦手なのは、相手の表情や話すタイミングが読めないからだと思う。

私は、他人と会話をするときに、その人の表情をしっかりと確認しながら、その人の話すタイミングを探りながら会話をする。

電話だと、声の情報しか得られないため、非常に不安を感じてしまうのだ。

自分は電話が苦手なんだと自覚した今では、苦手を克服するのではなく、その苦手に寄り添ってみようと思うようになった。

物事を後回しにするほうが結局は損なのだ

そう、自分に言い聞かせて、今では苦手な電話を1度にまとめてかけまくり、達成感を得られるようにするなど、私なりに工夫している。

こちらの記事もオススメ


人気ブログランキング