ロボットみたいな人間でもいつかきっと人間らしい心を取り戻せる話

私は、人の気持ちを理解するのが苦手だ。

子どものころから、家族、友達、私に関わる全ての人の心を沢山傷つけてきた。

自分の心を守ることが先決で、つねに自分が一番じゃないと気がすまない。

でも、このままの自分を続けていたら、きっと私はそのうち独りぼっちになって孤独に押しつぶされてしまう・・・。

漠然とした不安を抱えながらも、誰も教えてくれなかった人としての優しさを、大人になってから手探りで探し始めた私なのだった。


温かい心の持ち主と私との間にある違いとは?

世の中には、あきれるくらい思いやりにあふれた温かい心の持ち主がいる。

そんな人と私との間には、どんな違いがあるんだろう・・・。

たまに出会う温かい人を観察しながら、私はそんな単純な疑問に頭を悩ませる。

きっと、育ちがいいんだろう。

きっと、これでもかというくらい愛されて育ったんだろう。

きっと、自分に自信があって、心に余裕があるんだろう。

決定的な違いを見つけられないまま、私は温かい心の持ち主の行動を真似してみることにした。


ターミネーターと同じだった私

最近、映画ターミネーター・ニューフェイトを観た。

※ターミネーターを観たことがない方は、ジェームス・キャメロン監督作品のターミネーター、ターミネーター2、ターミネーター・ニューフェイトの3作品をぜひご覧ください。

作品の中でターミネーター扮するアーノルド・シュワルツェネッガーが、人間の心を学んだというシーンがある。

心がないはずの殺人ロボットが、温かい心を学び、家族を幸せにしたのだ。

私は、なぜか自分とターミネーターが重なる想いがした。

私も、心の優しい人の行動を真似して、少しづつ他人を思いやれる人間になってる気がするから。

こんな時には、優しい言葉をかけてあげるといい。

こんな時には、ヘラヘラしてはいけない。

こんな時には、悲しい顔をしてなぐさめの言葉をかけなければならない。

ほんとうは、心からの気持ちを表現することが理想だとわかっているけど、今のところは、心が温かい人の真似をすることで精一杯。

私の冷え切った心が変わるには、ターミネーターのように命がけの愛を学ぶ必要があるのかもしれない。


人マネが私にもたらした人間らしい心とは?

とはいえ、人マネをつづけた効果は絶大で、私は、徐々に人間らしい行動を自然にとれるようになってきた。

しかし、ちょっと気を抜くと、アスペルガー症候群のせいもあってか、ひえっ冷えの心がバレて他人が遠ざかっていくので、

できるだけフレンドリーさをアピールして人間関係が円滑になるよう心がけている。

すべては、自分と家族のために。

今日も私は、笑いたくもないのに笑い、誰のためでもない優しさを振りまいている。





人気ブログランキング