おすすめの本

生きづらさを克服するために、何度も読み返したグレコおすすめの愛読書をご紹介します。

アダルトチルドレン

『自分のために生きていけるということ』
著者:斎藤 学
『心の傷を癒すカウンセリング366日』
著者:西尾 和美
『アダルト・チルドレン 癒しのワークブック』
著者:西尾 和美
『毒になる親 一生苦しむ子供』
著者:スーザン・フォワード
『酔うと化け物になる父がつらい』
著者:菊池 真理子
『不仲の母を介護し看取って気づいた人生でいちばん大切なこと』
著者:川上 澄江

対人恐怖症・神経質

『対人恐怖の治し方』
著者:森田正馬
『神経衰弱と強迫観念の根治法』
著者:森田正馬
『神経質の本態と療法』
著者:森田正馬

『生の欲望』
著者:森田正馬

パーソナリティー障害

『パーソナリティー障害』
著者:岡田 尊司

発達障害グレーゾーン

『発達障害グレーゾーン』
著者:姫野 桂

心のトリセツ

『「普通がいい」という病』
著者:泉谷 閑示
『仕事なんか生きがいにするな』
著者:泉谷 閑示
『矛盾に満ちた世界を生き抜くための心の技法』
著者:名越 康文
『SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』
著者:名越 康文
『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)』
著者:汐街 コナ
テキストのコピーはできません。