仕事が中途半端になりがち!会社でたまに見かける不思議ちゃんの正体

現在は主婦をしている私が、

昔に働いていた職場の人たちの目にどう映っていたのか、今となってはわからない。

でも、アスペルガー症候群のせいで、かなり不思議ちゃんに思われていたのだろうと思う。

なぜなら、私は、みんなと和気あいあいと振る舞うのが苦手で、周りの人との協調を極力避けていたため、一人行動が誰よりも多かったからだ。

そんな私だが、自分でも悩んでしまうほど、仕事に対してある傾向があった。

こちらの記事もオススメ



仕事が完結できない私

私は、20代のころから仕事のプロジェクトを任される機会が沢山あった。

もちろん、心がチキン(気が小さい)に加えて、障害を抱えていた私のストレスはハンパなかったが、

持ち前の責任感のおかげで、外見はクールに装いながら業務を淡々とこなしていた(この時は、自分の障害に気づいてなかったが)。

しかし、仕事が順調に進み、これでプロジェクト成功だ!というところまで行くと、なぜかいつもやる気を失った

それまで、張りつめていた緊張の糸が一気に切れてしまうような感覚におちいり、プロジェクト完了までの道のりがどうでもよくなってしまうのだ。

その傾向は、1度や2度ではなかった。

もともと、仕事の内容に興味を持てず、世間体や責任感だけで仕事をしていたせいかもしれない。

それまで一緒に仕事をしてくれた仲間も、プロジェクトリーダーである私の失速に違和感を覚えたことだろう。

毎回、どうにか取り繕ってプロジェクトを完了させていた私だったが、心の中ではスッキリしない中途半端さをいつも感じていた。

こちらの記事もオススメ



会社を退職するのも苦手だった

私が、働いていて最大に苦手だったこと。

それは、自分が会社を退職する時だった。

私には、20代〜30代にかけて、派遣社員の期間を含めると計6社で働いた経験がある。どの会社も、

  • 在職の社員は、退職する社員をお花・贈り物・食事でねぎらう
  • 退職する社員は、お世話になった人へのお礼に、お菓子をもって挨拶まわりをする

という慣習があったが、私はそれが大嫌いだった。

そういうのは一切いらないから、どうか静かに辞めさせてくれ・・・。

と、毎回心の中で懇願していたくらいだ。

こんなことを言うと、他人の厚意をないがしろにするな!と怒られるかもしれないが、

私はもともと、会社にもそこで働いている人たちにも全く興味がない。

それに、私ごときのために、みなさんの貴重な時間を使ってしまうのはおこがましいという思いもあった。

結局、断るのは悪いとわかってはいるので、みなさんのご厚意をお断りしたことは一度もなく、お礼のお菓子もしぶしぶ配って回ったが、

それも何だか中途半端に終わり、いつも逃げるように会社を去るのが恒例だった。

こちらの記事もオススメ



自分が抱える問題に気づいた今感じること

私が、仕事に対していつも中途半端だった原因は、

  • 仕事に興味が無い
  • 働いている人に興味がない
  • プロジェクトの前半は過集中のため、後半に失速してやる気を失う
  • 仕事の重圧から逃げ出したくなる

からだった。

もともと嫌いなことは絶対にやりたくない性格なのに、

社会人だから責任を果たすべきとか、お給料をもらっているんだから当然だという理由で、自分で自分を追い込みすぎた結果なのだと思う。

現在、無職の私が、物事を完結させなきゃいけないという立場に遭遇することは稀だが、

自分の特性を知った今なら、もっと肩の力を抜いて仕事を完結できるような気がしている。

こちらの記事もオススメ






人気ブログランキング